2013年06月10日

教育実習について

こんにちは。
4年のはるか(#24)です。

今日はこの前行ってきた教育実習について書きたいと思います。

5/7〜27の3週間、先生という立場に立たせていただきました。
本当に貴重な体験をさせていただきました。
教師として生徒の前に立つ大変さ、難しさ、そして指導することの面白さを学んで来ました。
わたしが教育実習に行かせていただいた学校は初日から授業をもたせてくださり、
他の学校より多く授業したのではないかと思います。
指導する種目も、バレー、跳び箱、高跳び、鉄棒、柔道、保健と多くの種目を指導する機会をいただき
専門でない種目を指導する大変さを知りました。
おかげで、側方倒立回転跳び(跳び箱の上で側転)や、鉄棒で膝掛け回りなど
自分自身、できることがたくさん増えました。生徒よりも上達したのではないかと思います。

はじめは授業なんかしたことがないので、心臓が破裂しそうなほど緊張しましたし
生徒は話を聞いてくれるのかな、面白いかな、不安だらけでした。
しかしそんな不安はよそに、楽しそうに課題に取り組む生徒たちがいて、
できなければどうやったらできるのか聞いてくれて、
アドバイスすれば少しずつできるようになっていって、
たった50分の短い授業の中でたくさんの感動がありました。
授業をもったクラスの生徒は、廊下で会ったら声をかけてくれたり、
自分が受け持ってない他のクラスの授業に参加して一緒に運動したり、
すごく楽しく学校生活を送らせていただきました。

実習校の先生方、生徒たち、支えてくれた家族、
そして一緒に頑張った教育実習生に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この経験を生かして今後も頑張っていきたいと思います。
では、この辺で。

同じカテゴリー(部員日記2013)の記事画像
女サカ
女サカ
女サカ
インカレに向けて
関カレに向けて
関東リーグ前期を終えて
同じカテゴリー(部員日記2013)の記事
 女サカ (2014-02-10 13:00)
 女サカ (2014-02-09 22:58)
 女サカ (2014-02-09 22:52)
 女サカ (2014-02-09 00:11)
 女サカへの感謝 (2014-02-07 11:29)
 女サカ (2014-02-06 11:56)
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 13:53│Comments(0)部員日記2013
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。