11月23日(月)第20回関東リーグ最終節

筑波1-2武蔵丘短期大学

えり、すずか、ひかり、しおり、きえ、らん、ゆかり、ちか、みそら、あおい、あんな

得点:
前半1分みそら(あんな)
()内はアシスト

交代:
後半16分あおい→あかり
後半29分みそら→あい
後半41分らん→まこと

[選手コメント]
ムサ短戦に向けて一週間FWからの守備を練習で取り組んできました。試合の初めはサイドに追い込むことができ高い位置でもボールを奪うことができました。しかし、相手のリズムが乗って来た時に上手く追い込むことができなくなり、攻撃も短調になってしまいました。
試合の中の変化に早く対応していかなければ簡単にやられてしまうことを痛感しました。
#22 山守杏奈


TRM

30分×2本

筑波3-1武蔵丘短期大学

天音、かほ、ふさこ、なおこ、みずき、さくらこ、れみ、ともみ、あかり、まこと、あい

得点:
前半18分あい
前半19分あい
前半28分まこと(かほ)

交代:
HTなおこ→みち、みずき→はるな、あい→えりか

[選手コメント]
昨日の試合は、前回の練習試合で負けてしまったムサタンとのリベンジだったので、勝てて嬉しかったです。
ただ、相手のボール回しに翻弄されてしまった場面もあったし、攻撃面でも前線が孤立してしまったりした場面もありました。
週末には今シーズン最後の育成リーグがあるので、そこに向けて少しでも課題を克服できるようにしたいと思います。
#28 佐宗真琴

[今後の試合予定]
11月30日(日)育成リーグ最終節@慶應義塾大学
vs慶應義塾大学
17:15kick off
応援よろしくお願いします!
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 23:25Comments(0)

2014年11月23日

合唱コンクール

こんにちは!
2年の拝田涼香です。
今日は中学3年生のときの合唱コンクールについて書かせていただきます。

私のクラス3年3組は異常に仲がよく、行事はどのクラスにも負けない熱意をもって取り組むクラスでした。
合唱コンクールも例外ではなく、やるからには優勝をと、担任をはじめみんなが意気込んでいました。優勝最有力候補である3年8組に勝つため、朝練と放課後練を繰り返しました。(今考えるとなんでそこまで努力していたのかは謎ですが当時は真剣でした)

しかし、練習を頑張っていたさなか、事件がおこりました。インフルエンザにより、3組だけが学級閉鎖となってしまったのです!原因は、、、、私が塾からもらってきたインフルエンザでした。(泣)私が早退した次の日からインフルエンザは3組内でどんどん広まり、とうとう学級閉鎖になってしまったのです。(ごめんなさい。)そして、3組は合唱コンクールの練習を中断せざるをえなくなりました。

しかし!そこで諦めないのが3組です。学級閉鎖ののち、インフルエンザから復活したメンバーから練習を再開し、朝練と放課後練をくりかえしました。11月という受験期まっただなかですが、みんな勉強なんてそっちのけでした。担任も指導に加わり、自分の仕事はそっちのけでした。(そんな担任がみんな大好きでした。笑)努力のかいあってか、なんとか全員合唱コンクールに間に合いました。

そして、とうとう本番を迎えました。3組は練習の成果をいかんなく発揮し、美しい2部合唱を披露しました。(たぶん)

結果は、、、なんと優勝!!
泣きました。今思い出すと笑えるけど、担任もみんなも泣きました。
担任からのごほうびの高価なシュークリームを食べ、みんなと存分に余韻にひたりました笑

インフルエンザで迷惑をかけてしまった合唱コンクールですが、とてもいい思い出です。
同窓会で3年3組のメンバーに再会できるのが、今からとても楽しみです!

おわりです!
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 09:32Comments(0)

2014年11月21日

文化祭の思い出


こんばんは!
卒論が上手く進まず禿げそうなちゅう(#16)ですヽ(´▽`)/

今回は「文化祭の思い出」というテーマで書かせていただきます!
文化祭の思い出と聞いて頭の中で「文化祭・・・文化祭・・・ぶんかさい?」
ってなるくらい私の学生生活において文化祭の思い出がありません。泣

大学の学祭は部活で4年間ほぼ無縁だったし、高校は地味~な文化祭1回だけだったし、中学は・・・文化祭あったのかな?・・・笑
その中で絞りに絞り出して唯一文化祭というものに参加した高校時代の思い出について語りたいと思います。

私が通っていた高校は女子高で、文化祭はとにかく地味です。笑
文化祭というより学習発表会のようなもので・・・文化祭のために自分の班が何の展示を作ったのかさえ覚えていません笑
教室に飾る風船を膨らませたことくらいしか覚えがない・・・
共学の文化祭は今頃キャピキャピしてんだろーよ、とかあぐらをかきながら話していました。

そんな感じでしたがひとつだけはっきり覚えているのが部活でフライドポテト屋さんをやったことです!
サッカー部として店を出すのは初の試みだったのでフライヤーを業者に借りたり経理的な部分を自分たちでやりくりするのはとにかく大変だったのを覚えています。それと、当時の書道部の先生にこっぴどく叱られたのも印象的でした(怒られた理由は忘れた。)

準備はすごーーーーく大変だったけど苦労した甲斐あってダントツの売上で書道部の先生にドヤ顔したのも忘れられません。
私の役割は揚がったポテトにひたすらケチャップをかける、ただそれだけでしたが楽しかったです。

あ、あと文化祭の後に「フライドポテトを買った時からずっと先輩のこと見てました」的なラブレターをもらったのも忘れられません。
女子高あるあるです。


そんな感じです。
面白いことが書けず悔しいですがバイトに遅刻しそうなのでこの辺で失礼します。


ちゅう  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 18:30Comments(0)

2014年11月20日

選手紹介NO.21

続いて紹介する選手は関西弁の必殺仕事人、ふーさんです\(^o^)/

名前:
川原布紗子

背番号:
40

ニックネーム:
ふーさん
ふーちゃん

プレーの見所:
当たり負けないフィジカル
正確なロングキック

その人といえば:
ほっともっと
関西弁

コメント:
ふーさんとはフェスの広報で同じでした!
そこで感じたことは、「この先輩...仕事めちゃ早い...無駄なことがない...それも正確...完璧だ...」です。
そんなふーさんは試合中の指示もわかりやすい!
あとはなんといっても後輩思いで優しいとこが魅力!!!!!
これからもいろんな場面におけるふーさんの活躍に期待大です!!!!!

(むしゃ→ふさこ)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 11:38Comments(0)選手紹介2014

2014年11月20日

選手紹介NO.20

続いて紹介する選手は、未来のなでしこ・筑波のフィジカルモンスターのあんなです★

名前:
山守杏奈

背番号:
22

ニックネーム:
あんな

プレーの見所:
自由奔放なドリブル&ラン
あいちゃんとの絶妙なパス交換

その人といえば:
実はかなりの真面目さん

コメント:
筑波の最強フィジカルモンスター!
ひとたびボールを持てばゴールへまっしぐら!
弱点だった練習着のセンスの無さも改善され、最近さらにパワーアップしたあんなです。
試合でも練習でも攻撃でも守備でも常に全力で走っているあんなの姿は見ていてすごく筑波に元気を与えます。
インカレでも相手DFを切り裂くドリブル突破で必ずゴールを奪ってくれると信じてます!
そんなあんなに是非注目してください\(^o^)/

(ふさこ→あんな)





最後におまけ(笑)

現地の人よりも着こなす具合に脱帽(拍手)  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 11:38Comments(0)選手紹介2014

2014年11月20日

選手紹介NO.19

本日紹介する選手一人目は、美しきトリリンガル学生コーチのあいりさんです(^^)

名前:
池戸あいり

背番号:


ニックネーム:
あいりーん
オムレツ
小室
ジャスティン

プレーの見所:
リフティングが神(お金を取れるレベルです。実際に、去年一年間のペルー留学中にフリースタイルでプロ契約をしたほど!)
(今はけがをしているため学生コーチという立場ですが、)復帰したら超攻撃型センターDFをこなすそうです(本職はトップ下。笑)

その人といえば:
見た目によらず賢くて、よく考えている!

コメント:
やる時はやる、ふざける時は誰よりもふざけるあいりさんを本当に尊敬しています。
コーチとしても鋭いアドバイスを毎日もらっています!
早く復帰して一緒にプレーしようね!

(あんな→あいり)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 11:38Comments(0)選手紹介2014

2014年11月16日

第20回関東リーグ

11月16日(日)第20回関東リーグ@東総運動場

筑波1-1ジェフ千葉ユナイテッドレディースU-18

えり、すずか、ひかり、しおり、きえ、らん、ゆかり、ちか、あい、あんな、みそら

得点:
後半29分あおい(すずか)

交代:
後半10分らん→あおい
後半39分みそら→かほ
後半43分あんな→さくらこ

[選手コメント]
今日の試合は関東リーグ最下位を免れるためにも絶対に勝たなければいけない試合でした。
前回大敗した相手に1-1という結果だったのは自信につなげていいのかもしれませんが、内容はまだまだ課題だらけでした。相手がスピードに乗ってドリブルしてくる中でどのように対応するか、また、奪ったボールを失わずにどうゴールまで運ぶか、もっともっと突き詰めていかなければならないと痛感しました。
インカレまであと1ヶ月半、少しでもチームがレベルアップできるよう練習に取り組んで行きたいと思います。
応援よろしくお願いします。
#16 新井佑夏里


TRM

40分×2本

筑波0-1ジェフ千葉ユナイテッドレディースU-18

あまね、らん、ふさこ、なおこ、あかり、さくらこ、さき、ともみ、かほ、まこと、あおい

交代:
HTらん→みち、なおこ→えりか、かほ→みずき
後半15分あおい→かほ、さき→なおこ

[選手コメント]
今回の試合で、ボールを奪った後の動き出しの連動とタイミング、パスの精度が課題となりました。守備ではチームではめて取ることがなかなかできませんでした。また、最後体を張ることができてましたが、失点してしまいました。最後の育成の試合に向けて、今回の試合で出た課題を克服していきたいと思います。
#15 肥尾明里

[今後の試合予定]
11月23日(日)第20回関東リーグ最終節
vs武蔵丘短期大学@武蔵丘短期大学
12:00kick off  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 21:20Comments(0)

2014年11月16日

ソウル遠征

こんばんは!
つくばのアイドル(自称)ひかり#29です!

にきさんに引き続き「ソウル遠征」についてです!


みなさん!
韓国といえば……??


そう!!!!


東方神起です♡

私が東方神起に出会ったのは高校2年の春。
彼らのLIVE映像を見た瞬間恋に落ちました。
それからは、朝は彼らの歌で目覚め、暇さえあればYouTubeで彼らの動画を見倒し、
帰省があれば中華街ならぬ韓国街、新大久保に行って東方神起グッズに多額のお金を費やしていました。
(ソウル遠征一週間前にも行ってたことは内緒。さすがに今はグッズを買ったりしません。)
東方神起が大好きな私にとって、韓国は夢の国でした!
そんな韓国に大学生になって行けるなんて、しかもサッカー遠征で行けるなんて思ってもなかったので、とにかく嬉しかったです!
そんな夢の国、韓国はやっぱり夢の国でした!
さすがに今は昔ほど熱狂的なファンではないですが、
町中に東方神起のポスターが貼ってあったり、東方神起の曲が流れてくるのでテンションが上がりました!

そして、なにより韓国料理がおいしいっ!!
家でスンドゥブチゲ(辛い豆腐鍋)作っちゃうほど韓国料理が好きなのですが、本場の韓国料理は本当においしいです!
寒い時に食べる辛い料理は最高ですね(^^)
私、日本食の次に韓国食が好きなんだと確信しました。笑
本場の調味料をたくさん買ってきたので、韓国料理たくさん作ろうと思ってます!!
冬は韓国料理で乗り切る( ̄▽ ̄)!

寒くて辛い日はぜひうちに韓国料理を食べに来てください笑
お待ちしてます♬  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 00:02Comments(0)

2014年11月14日

選手紹介NO.18

本日最後の紹介する選手は筑波の10番!このみです!

名前:
内田好美

背番号:
10

ニックネーム:
うっちー
この

プレーの見所:
魂のこもったワクワクするプレー

その人といえば:
どんな無茶振りでも面白い返しをしてくれる。
目が合うと必ずと言っていいほどニヤニヤしてくる。

コメント:
好美は本当に1年生なんだろうかって思うくらい、サッカーに関しても日常に関してもよく考えていて、本当人として魅力のある子だと思います。
今シーズンはリハビリ期間が長い好美ですが、一言も弱音を吐かず、誰よりも黙々とリハビリを続けている姿は、私も頑張らなきゃと、とても刺激になります。
二人でインカレ復帰しようとよく話しているので、早く復帰して一緒にサッカーしたいです!!

(あいり→このみ)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:30Comments(0)選手紹介2014

2014年11月14日

選手紹介NO.17

続いて紹介する選手は女サカのモテ女、しおりです★

名前:
伊藤栞

背番号:
19

ニックネーム:
しおり、しおりん

プレーの見所:
DFラインからの正確なロングフィード
読みとスピードを活かした安定感抜群の守備

その人といえば:
いーっつも笑顔(^^)

コメント:
いつもはニコニコしてて優しいしおりさんは、ピッチに立つと体を張った守備と正確なパスで筑波の攻守を支えてくれます!
試合の流れを変えるミドルシュートとスピード溢れるドリブルにも注目です!

(このみ→しおり)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:30Comments(0)選手紹介2014

2014年11月14日

選手紹介NO.16

本日の選手紹介一人目は、筑波の四頭筋、間違えた…ストライカー・あいさんです!(^^)

名前:
横山亜依

背番号:
18

ニックネーム:
あい
あいちゃん

プレーの見所:
スピードあるドリブル

その人といえば:
関西弁
かわいい笑顔
もちろん四頭筋♡

コメント:
開幕戦でも点を取ってくれたあいさん!
スピードを活かしたキレキレなドリブルからのコースを狙った正確なシュートは筑波自慢の武器です!
点を取った後のかわいいあいちゃんスマイルにも注目してください(^^)

(しおり→あい)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:29Comments(0)選手紹介2014

2014年11月12日

選手紹介NO.15

本日最後の紹介する選手は筑波の美魔女・まおさんです!(^^)

名前:
藤本真央

背番号:


ニックネーム:
まお
まおさん
ふでのもとのまお

プレーの見所:
大学女子サッカー界には敵はいないであろう超ロングスロー
どんな相手にも負けない強靭なフィジカル
まおディレイ(笑)

その人といえば:
もはや黒人なのではないかと思わせるほどの肌の黒さ
かなりの確率で開けっ放しにされるリュックのファスナー

コメント:
ジャージ、スウェットの人が9割を占める体専の授業に颯爽と私服で現れるまおさんに何度目を奪われたことか。
まおさんの手にかかればどんな男もイチコロだとか、、、(笑)
そんなまおさんはピッチに入ると豹変し、どんな相手にも怯まず突き進みます。
なぎ倒します。
試合中途切れることのない仲間を鼓舞する声に、いつも背中を押されています(^^)

(あい→まお)





  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:11Comments(0)選手紹介2014

2014年11月12日

選手紹介NO.14

続いて紹介する選手は筑波のリオネル・カッホこと、かほさんです!(^^)

名前:
上村果穂

背番号:
33

ニックネーム:
かほ
天使

その人といえば:
チームの癒し

コメント:
かほとは実は中学からの知り合いで、トレセンでもそのキレッキレのドリブルをひょうひょうとかましていて、何食わぬ顔で弾丸シュートを決めていました。
同じチームになって初めて知ったことはこんなにも愛されキャラなんだなということです。
かほが通れば皆が癒される、という事態がチームで起きています。
そんなかほとあと少ししかサッカーできないので、あの無表情で相手をいなす方法と人の癒し方をこの短期間で盗みたいと思います。

(まお→かほ)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:11Comments(0)選手紹介2014

2014年11月12日

選手紹介NO.13

今日の選手紹介一人目は、女サカのオラフ、みちです*\(^o^)/*

名前:
羽成春香

背番号:
2

ニックネーム:
みち

プレーの見所:
頭脳的なディフェンス、
しっかりねらったキック

その人と言えば:
意外に低いテノールな声

コメント:
入部してから羨ましいくらいにメキメキ上手くなっているみち。
サイドで組んだりもしますが、的確に指示を出してくれ頼もしくなってきました。
見た目はゆるキャラのようですが、頭が良くしっかり者です。
そんなみちのこれからのさらなる成長にご期待ください!!

(かほ→みち)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:11Comments(0)選手紹介2014

2014年11月11日

選手紹介NO.12

続いての選手は1年生とは思えない威厳と財力を持っていると噂の「まる」こと、ありさです★

名前:
福田有紗

背番号:
24

ニックネーム:
まる
ありさ
ありちゃん

プレーの見所:
前線での体を張ったボールキープ

その人といえば:
女サカに初めてやってきたときの衝撃(笑)
パパのような安定感

コメント:
まるは1年生の中ではしっかり者ポジションです。
しかし話してみるとすっごく面白い子で、一年生のモノマネもしてくれます。
サッカーでは今は手術を乗り越えてリハビリの中ですが、ピッチに戻ってきたら体を張ったプレーで筑波を勝利に導いてくれるはずです!

(みち→ありさ)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:27Comments(0)選手紹介2014

2014年11月11日

選手紹介NO.11

続いて紹介するのは先ほどえりさんの紹介をしてくれた、体育会部活動の華(といえるはずの)マネージャー・なみです(^^)

名前:
松崎奈海

背番号:
73

ニックネーム:
なみさん
おぼかたさん

プレーの見所:
薄すぎず、濃すぎず、絶妙な濃度のポカリ作り(自称ポカリソムリエ)
絶え間ないリフレ交換

その人といえば:
キットを抱えての全力ダッシュ

コメント:
なみさんは自他共に認めるポカリ粉のマスターで、なみさんの作るポカリは濃さはもちろん、のどごしが絶妙です。
また、試合中にピッチで倒れこむ選手を発見すると、大きなキットを抱えて猛ダッシュでけが人の元へ駆けつけてくれます。
なみさんはとても頼もしいマネージャーさんです!

(ありさ→なみ)




  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:26Comments(0)選手紹介2014

2014年11月11日

選手紹介NO.10

長い間更新が滞ってしまい大変申し訳ありません。。。
さぁ気を取り直して、再開させたいと思います!選手紹介!!(^o^)
今日は我らが守護神えりさんからです!!

名前:
平尾恵理

ニックネーム:
えりどん

背番号:
31

プレーの見所:
筑波大の守護神
一対一の強さ
試合に入った途端のキャラ変わり
ミスキック時にたまに垣間見る「ごめーん」の可愛さ

その人といえば:
八重歯がキュートな笑顔
チーム内において暗黙の了解で絶対に怒らせてはいけない人物(笑)

コメント:
よく女子大生が言いますよね、「私お酒入ると性格変わるの~」。
いやいや、筑波が誇る最強GK平尾恵理の前ではそんな言葉霞みます。
ピッチに入った瞬間のキャラ変貌を初めて見たときはとてもびっくりしたのを覚えています。
びっくりといいますか、、、か、かっ、かっこいい!!!!!と(笑)
試合中の集中力はチームで1、2を争うえりさん!
筑波のピンチを度々救ってくれます!!
昨年は関カレ中に人生初の大怪我を経験しとても悔しい想いの中、必死にリハビリしてきた姿を近くでみてきました。
人一倍この最後のシーズンに懸ける思いをきっとプレーで魅せてくれると思います(^^)
次世代の守護神、茨城が生んだスーパースター平尾恵理の大学ラストシーズンのプレーにどうかご注目ください!!

(なみ→えり)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:26Comments(0)選手紹介2014

2014年11月11日

推薦入試

こんにちは!1年の内田好美(ヨウ)です。
筑波の女サカではない人に「ヨウってなんのこと?」とよく聞かれますが、
これはコートネームのことです。
作陽出身の私はサクヨウのヨウからこのコートネームになりました(^^)
ヨウと呼ばれたことは今のところないです(笑)

受験シーズンということで今回は推薦入試について書きます!
筑波大学もそろそろ推薦入試が近づいてきました。
私は去年体育専門学群の推薦入試を受けました。
高3の私は恵理さん(#31)がここで書いていた推薦入試の記事を読んですごく参考になったのを覚えています。ので、私も少しでも受験生の皆さんの参考になれるように、去年の記憶をしっかり思い出しながら書きます(^^)

体専の推薦入試は2日間で行われ、1日目に小論文と実技、2日目に面接でした。
去年の小論文は「スポーツ界で、勝利に固執した指導により“スポーツバカ・脳まで筋肉”な選手を生み出してしまっている現状について」みたいなテーマでした。60分で行われ、穴埋めをする三択の記号問題が6問と、論述が2題(200字程度と400字程度)ありました。
私は過去問を事前に解いて試験に臨んでいましたが、これまでのものと問われ方がやや異なっているものもありました。話せば長くなるので詳しくは大学のHPに出ているのを参考にしてみてください(^^)
小論文は国語の先生にお願いして対策していました。私が気を付けていたことは時間内にちゃんと書ききることと、誤字脱字なく読みやすい字で書くことです。私の字はお世辞にもきれいとは言えないので丁寧に書く努力はしました(笑)小論文で自分の意見を書く際に、素晴らしい考えがすぐさま浮かんでくるセンスの塊みたいな人もいますが、私はそういう人とは真逆のタイプなのでとにかく文章を書く基本を大切にしていました。小論文は練習すればするだけ本番の自分の自信になってくれると思います!

小論文のあとは昼食を挟んで実技試験でした。
担当の先生方に連れられてサッカー場に移動するとき、私は「入試でサッカーが出来るなんてうれしいなー」とか呑気なことを考えていました。すると突如、何もしてないのに鼻血が出てくるというアクシデントに見舞われました。自分でも知らないうちに緊張していたんですかね。それが私の2013年度唯一の鼻血でした。アップを始める時も実技試験のことより止血に集中していました。今思い出すと笑えます。
そんなアクシデントのおかげもあり本番は緊張せず楽しくサッカーできました。
実技は時間が短いのでその中で自分の力を出し切ろう、という気持ちでプレーしました。
去年は50m走とかボール回しとかミニゲームをしました。
初めて一緒にプレーする人ばかりだから、話したりしてコミニュケーションを取ることを心がけました。
試験だからと言ってあまり固くならず
いつも通りサッカーを楽しむことがいちばんです(^^)

面接は体専の受験生皆が受ける普通面接と、推薦枠がない競技の人が受ける特別面接の2つを受けました。私の場合は普通面接が5分くらいで終わった後、面接室を出てそのまま別の教室に移動しすぐ特別面接が始まりました。
普通面接は、最近気になったニュースや国内の女子サッカーの現状についてなどの質問をされました。面接官の方々は私の話に相槌を打ったり微笑んだり、時には笑いながら聞いて下さったのでとても話しやすかったです。
特別面接は主にサッカーのことについて聞かれました。サッカーに対する取り組み方や今後の目標など、普段から考えていることで割と答えやすい質問でした。
面接中話している時は本当に会話みたいな感じで落ち着いて話せました。面接練習で気をつけていたことを本番ではほぼ気にしませんでした(笑)話すときの自分が自然体すぎて、逆に「やらかしたかな」と岡山への帰路で思ったくらいです。面接はかっこいいことを言おうとせず、ありのままの自分を見せれば大丈夫です。
面接練習は校長先生、副校長先生、教頭先生といった普段あまり話さない先生にお願いしました。今までは直接関わりがなかった先生も多くいましたが、受験前は先生方のほとんどの顔と名前を覚えるくらい色んな人にお世話になりました。だから合格したとき一緒に喜んでくれる先生がいっぱいいて嬉しかったです。面接練習はいつも本番さながらの緊張感でした。というよりも、本番より練習の方が緊張していました(笑)先生方には感謝しています。

去年の今ごろは入試の対策であたふたしていましたが、作陽高校の先生方をはじめ色んな人のおかげで受験を楽しんで乗り切れました。受験は楽なものじゃないかも知れないけど、自分が多くの人に支えられていることに改めて気付けるチャンスです。今は今しかないので全力でやりきってください!皆さんと筑波で会えるのを楽しみにしています(^^)


#10 このみ
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 18:57Comments(0)部員日記2014

2014年11月11日

推薦入試

こんにちは(^^)4年の平尾恵理(のっこ)です。
朝練の日に起きるとまだ外は暗く、冬の訪れを感じる今日この頃。この時期になると、思い出しますね。そう、毎年11月末に行われる推薦入試を。。。ということで推薦入試での私の体験談を書きたいと思います!
※私が書くことは4年前のことで、遠い記憶から引っ張り出してきているので、参考になるかはわからないですけど、頭の片隅にでも入れておいてもらえれば嬉しいです(^^)


推薦入試は2日間かけて行われました。
1日目は、午前中に小論文と体育のことに関する常識の範囲内の選択問題5問、午後に実技試験が行われました。
2日目は2つの面接(受験者全員が受ける普通の面接と推薦枠を持ってない他の部活の人たちと推薦枠を争うために行われる特別面接)がありました。面接の順番次第ですが、私はどちらの面接も午前中に終わりました。

小論文のお題は年によって出されるものが違うので何とも言えませんが、私の時は「ブラインドサッカー」の話でした。
私が小論文を書く時に、気をつけていたことは、起承転結の組み立てをちゃんとすることと、自分の意見をはっきり書くことです。
対策として行っていたことは、顧問の先生に小論文のお題を問題集から出してもらい、添削してもらっていました。基本的に1日2題、多い時には3題書いていました。実技もやらなきゃいけないからなのかよくわかりませんが、みんなが部活をしている横に机1つ置いて、私は小論文をやっていました(笑)でもグランドで書いている時に部活に参加した記憶はあまりありません( ̄▽ ̄)笑
なぜグランドで小論文を書いていたかは未だに謎です(笑)

選択問題5問は一応保健の教科書を読んでいたのですが、あまり関係なかったような気がします(笑)
実際は、オリンピックのこととかを聞かれたような...

実技は、女子はそんなに人数が多くないし、女子の後に男子が試験なのであまり長い時間はやりませんでした。だから短時間で自分ができることをどんどん出していかないと印象に残らないと思うので、緊張するとは思いますが、自分が一番上手いんだ!って思い込んで取り組むことが大事だと思います。ミスしても次のプレーで取り返すことが大切です。
私はずっと気持ちの切り替えが遅いと言われていたので、入試の時は、ミスしても忘れるようにしていました(^^)
対策はそんなにしませんでした。部活に行っていつものメニューをしていました。

面接は、普通面接から書きます。
面接ではすごく緊張してたくさん噛んでしまったけど、自分が答えられる精一杯の答えを試験官に伝えました。きっとみんなも噛んでいるし、変な日本語になっても気にせず、自分は筑波に入りたいんだ!という熱い想いを試験官に伝えれば大丈夫だと思います!(^^)
特別面接は、普通面接からあまり休憩することなく(受験生2、3人ぐらい待ちました)始まりました。普通面接をやった後で、少しこの緊張感に慣れて来たので、普通面接ほど緊張しなかった気がします。
特別面接では、専門競技のことしか聞かれませんでした。だから普通面接より答えやすかったです(^^)普通面接より試験官の数は増えたような気がするけど、試験官の数に負けず、自分の真っ直ぐな気持ちを伝えてください。
試験官の方もダメなところを見ようと思って面接を聞いているわけじゃなく、いいところを見ようと思って聞いていると思うので、ミスは気にせず、筑波に入りたいという気持ちを見せれば大丈夫だと思います!

対策としては主に副校長先生にやってもらっていました。最初は全然答えられなかったし、副校長先生が(座っているだけでも)怖かったので、自信なんて全くつかなかったけど、副校長先生やいろんな先生方が面接の相手をしてくださり、だんだんと自信がつくようになりました(^^)


いろいろ対策はしたけど、そんな自信なんて簡単につきませんでした。でも、試験当日は、嘘でも「自分は大丈夫!」という自分を信じる気持ち、筑波に入りたいという気持ちももって望んだら、受かることができました(*^^*)最後は本当に気持ちだと思うので、後悔だけはしないように全力で闘ってきてください(^^)
長かった試験対策ももうすぐ終わるので、最後までやりきって後悔しないようにしてください!(^^)
みなさんが筑波に入れることを願っています(*^^*)ラストスパート頑張ってください!


たぶん私のあとに後輩が推薦入試のことを書くと思うので、そちらの方を参考にしてください。
私の時と形式が変わっているかもしれないので。笑

では、この辺で失礼します(^^)
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:39Comments(0)部員日記2014

2014年11月11日

ソウル遠征

こんにちは。
4年の伊藤瑞希(にき)です。


今回は「ソウル遠征」というテーマで書かせていただきます。

私は韓国に行くのが初めてだったので、ソウルに行った3日間は目に映るものがどれも新鮮でした。
なかでも、食べ物は美味しそうなものがたくさんあったので全然飽きず、それどころかまた韓国に行ったら食べたいなーと思うものばかりでした。

もちろんおいしいお店もたくさんあったのですが、一番心惹かれたのは屋台の食べ物です。
ソウル滞在中は自由に出歩ける時間が多かったため、アクティブの申し子かなえと行動を共にしていた私は庭かと思うほど街へ繰り出しました。
特に明洞という繁華街には何回も行きました。明洞には、屋台がたくさん並んでいます。
チヂミやキンパ(韓国風海苔巻)、トッポギなど歩けば歩くほどおいしそうなものにめぐりあいました。

しかし、私がとっても食べたかったホットックという韓国風のおやきのようなものにはなかなかめぐりあえず、とうとう最終日を迎えました。
午前の自由時間をもって終了なわけですが、唯一見つけたホットック屋さんも、開店前で食べれず・・・
もうあきらめてホテルに帰ろうとしたその時、ホテルの近くで会ったあかねさんとななせが、ホットックを食べていたのです!

すぐに場所をおしえてもらい、買いに行きました。
あんなに探したのにホテルの近所で食べれるとは・・・と思いましたが、おいしかったのでどうでも良くなりました!
こうして、悔いなく日本へ帰ることができました!

ちなみにこのホットック、新大久保でも食べられるのですが・・・
そろそろブログを締めたいのであえて言います
みなさんも、韓国へ行ったらぜひ食べてみてください!!

  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 14:38Comments(0)部員日記2014