2014年01月18日

決勝戦にむけて

こんばんは。
2013シーズンキャプテンの、あかねです。

ついに。ついに。ついに!
明日は夢にまで見たインカレ決勝戦です。

多くの女子サッカー関係者が吉備国際大学の優勝と予想されていることと思います。
私は、“勝ったほうが強い”という高校時代の恩師の言葉を信じます。
代表歴も周囲の期待も、それからサッカーの技術も知識も、自分たちには何もありません。
だから、何もない自分たちが、どうやったら羨むほどの才能をもった選手たちに勝てるのかを考え続けた一年間を信じます。

下手だよ。だけど頑張ります。
私達はそんなチームです。

身体能力が低いことも、サッカーの技術がないことも全てを受け入れてそれでもインカレで優勝するためにはどうしたらいいのかをチーム全員で考えてきました。
きっと、他大学に行ったらベンチ入りすら厳しい選手がほとんどだと思います。
私達のチーム目標を聞いてまさか、と笑った人もたくさんいると思います。

でもこれが筑波大学です。
下手は下手なりに。
夢をみるのは自由です。

みんなで作ってきた夢物語も最後の1ページとなりました。
チームで同じ夢を見続けたこの一年間は本当に本当に楽しかったです。
あと一つ。決勝戦に残ることが目標じゃない。日本一になることが私達の目標です。

明日も厳しい試合になると思います。
私達に力を貸してください。
苦しい時間帯にどうか背中を押してください。
応援よろしくお願い致します。


♯43 大友あかね  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 23:10Comments(3)部員日記2013