こんばんは。
体育専門学群4年の白井蒼(#25 らん)です。

女サカを引退して1ヶ月以上経ちますが、まだあまり実感がわいてません。

このブログを書き始めたことで、
あぁ本当に引退するんだなあ、
と少し現実味を帯びてきた気がします。

それくらいこの4年間、女サカ中心が当たり前の生活を送ってきました。
女サカの一員として過ごしたこの4年間は、いろんな意味で今までとは比べ物にならないほど濃い時間で、本当にいろいろなことがあって、たくさんの経験をさせてもらいました。

思えば、小学校3年生でサッカーを始めてから、
こんなにも毎日のように同じチームの仲間とサッカーをしたのは始めてでした。
それまでは週3か4いけたらいい方で、当時はチームの一員として一生懸命サッカーをしていたつもりでしたが、
今思うと自分から周りと壁を作ってだいぶ独りよがりなプレーや行動ばかりだったなと思います。

入学当初、
味方へのパスがバインバインに跳ねているか
無駄にハイスピードの殺人パスで(コートネームとかけて”乱パス”と呼ばれていた)
パスするたんびに先輩に怒られていたり、
試合中一人だけ意味不明なところで猛ダッシュしてたり…
だったのが、少しは周りに合わせてまともなプレーができるようになりました。
ダイレクトでパスがつながったり、連携して裏への抜け出しができたり、
サッカーをしている人ならごく当たり前の小さなことでも、
仲間を見てちゃんと意識してやったらこんなにめちゃくちゃ嬉しいのかと思いました。
練習後に部屋で一人思い出してニヤニヤするくらいに。

小中学生の頃は、父に連れられて始め、途中で辞めたらがっかりされるだろうから、という思いでサッカーを続けていましたが、
初めて心からサッカーが好きで楽しくて続けている自分に出会えました。

しかし、嬉しい、楽しいことだけでなく、辛いな、しんどいなと思うことの方が多くありました。
チームに貢献するほどの力がなくて、情けなさや悔しさ、不甲斐無さを突き付けられることが山ほどありました。特に最後のシーズンでは、それしか感じてなかったようにさえ思います。
一点が遠い、なかなか勝てない、結果が出せない。
二度と二部降格という辛さを味わいたくない、味わわせない、と誓ったにも関わらず結果を出すことができなくて、
後輩やこれまで女サカを受け継いできた先輩方、そして、いつも女サカを応援してくださっている方々に非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、それでも最後まで走りきることができたのは、シーズンを通していつも女サカを応援し続けて下さった皆様のおかげです。
本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。


13年間続けてきたサッカーですが、プレーヤーとしての私のサッカー人生はこれで終わりです。

この4年間を経て、入学前に自分が思い描いていたような景色をみることはできませんでしたが、
サッカー人生最後の4年間を筑波の女サカで過ごせてよかった、筑波に来てよかったと心の底から思います。
サッカーに対する考え方は120度くらい変わったし、自分という人間がいかにちっぽけで何もできないかをこれでもかというほど思い知らされました。
サッカーにおいても、組織としても、決して1人では味わえなかった、 楽しさや嬉しさ、苦しさや難しさを味わわせてもらい、
その度にひとつまわりもふたまわりも、成長するきかっけをもらえました。

ここでの経験や抱いた感情を、次のステージで活かすことが、今の自分にできる、女サカへの恩返しだと思います。


最後になりますが、本当に多くの方々に支えられてこの4年間を過ごすことができました。ありがとうございました。
時に本気で叱咤し励ましてくれる、私にとって最初で最後のサッカー同期、近くにいても遠くにいてもどこからでも応援してくださった先輩方、私の頑張る源でありかつ頼りになる後輩たち、スタッフの方々、そして、離れていても陰ながら応援してくれた家族に本当に感謝しています。


本当に今までありがとうございました。
これからも筑波大学女子サッカー部をよろしくお願いします。


#25 らん(白井蒼)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 23:52Comments(2)その他2017

2017年02月09日

新シーズンご挨拶

こんばんは。
今シーズン主務を務めます、体育専門学群3年の福田有紗(#24 まる)です。


主務は三役の一つではありますが、キャプテン・副キャプテンとは異質な面があると思います。
表立ってチームを引っ張るという役職ではありませんが、仕事面においてしっかりとチームを支えられる立場でありたいです。

今シーズンは昨シーズンよりも部員数が減少し、1人あたりの担当する役職数、抱える仕事量はさらに増加してしまいます。
そのため、自らの仕事はもちろん、他の部員の仕事にも目を向け、部の運営が円滑に進むようにしていくべきだと考えています。

どの役職にも当てはまることですが、ミスをすればチーム内外に影響が及びます。
筑波大学女子サッカー部の一員、そして主務であることの自覚を欠かさず、職務を全うしていく覚悟です。


1年間よろしくお願いします。




#24 福田有紗
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 22:09Comments(0)その他2017

2017年02月09日

新シーズンご挨拶

こんばんは。
2017シーズンのキャプテンを務めさせていただきます、体育専門学群3年の内田好美(#10 ヨウ)です。

初めに、多くの方々の支えのもと今年も新シーズンをスタートし活動していけることに心から感謝致します。

このチームを支えてくださる様々な方への恩返しが出来るよう、チームをより良い方向へ導けるよう、常に楽しむことを忘れずに頑張ります。

今シーズン女サカは、インカレでベスト4になることを目標に戦っていきます。今年、改めて関カレ1部に昇格した初年度の私たちにとって、このインカレベスト4という目標は全身全霊を懸けて叶える大きなチャレンジです。一つ一つを挑戦者のつもりで臨み、覚悟を持って目標を掴み取りに行く。そうした意味を込めて今シーズンは「挑戦」をスローガンに掲げます。今いる場所から一歩でも先へ進んでいくため、これまでの自分を超えるために、どんな場面でも全員で、また全員が、挑戦し続けられるチームでありたいです。スローガンを考える際色々な候補がある中で全員の心に浸透し共有しやすい、戦う上でチームの軸となる言葉を選びました。みんなで決めたこのスローガンを一年間心に留め、自分達の可能性を信じて全員で挑戦し続けます。そしてまずはインカレ出場、その先のインカレベスト4を掴み取ります。

またピッチの上で上達を目指すのと同様ピッチの外でも、一人の人としてより成長していける様、努めていきます。
個人的には、現在けがをしていますが、自分の役割を全うし、復帰後はピッチでたくさんの勝利に貢献したいと思っています。
今年は昇格1年目ということもあり女サカにとって重要なシーズンになると思っています。人数もさほど多くはなく懸念は今の段階で山ほどありますが、一番はサッカーを楽しみながら、一歩一歩前進していきます。

今シーズンも応援よろしくお願いします!

#10 内田好美
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 21:30Comments(0)その他2017

2017年01月25日

2017年シーズン始動

昨日1月24日、2017年度の始動ミーティングが行われ、新チームでのシーズンが始まりました。
今シーズンのチームスローガンは「挑戦」です。

チーム一同、高みを目指して頑張っていきますので応援よろしくお願いします。


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 08:57Comments(0)その他2017

2017年01月20日

今、思うこと

こんにちは、最後のブログになってしまいました、
キャッチコピーは
選手より良く食べるマネージャー
常に食べ物とツーショット
マネージャーの型枠におさまらないe.t.c

そんなマネージャー"だった"なみです。

最後は真面目に言葉を残そうと思います(笑)


昨年、マネージャーというキーワードで大きなニュースがありました。
夏の甲子園、公式練習中のグラウンドにて
マネージャーも共に練習補助をしていたため注意される、といったものです。
これが大きく取り沙汰されて、男女差別だ、などなど
様々な意見により
高野連が今後この制度の検討を改めるという事にまでなりました。



マネージャーは必要な存在か。
高校時代を含め7年、この立場をやってきましたが
私には答えを出せませんでした。




マネージャーという立場は日陰の存在です。
こういった話題性や世間が関心を寄せる事がなければ
表立つ事はまったくありません。
数多のチームの中で、
あの選手は知っている
あの監督は知っている
は、あるにしろ
マネージャーの存在を気にかける事はありません。




そんな日陰の存在を4年努めさせて頂きました。
どちらかといえば目立ちたがり屋
不器用、視野が狭く繊細な事ができない大雑把な私が
なぜマネージャーで入部したのか。
簡単な理由です。



このチームの人が好きだから



たったこれだけです。
そんな好きな人達を近くで見る理由がほしかったからです。




4年間で気づいた事、私はただの自己満でマネージャーをしていた、という事です。
別に目立たなくても全然構わない、感謝されなくてもへっちゃら
ただ、好きで女サカという環境にいて
好きで皆の練習を見て、ボトルの水変えよ〜、あっついから氷水作ろう〜、雨降ってきたから荷物移動させよう、なんて感じで
誰かのためなんて考えずに行動していた事が
みんなからの「ありがとう」と感謝の言葉のご褒美に繋がる事が
たまらなく、にやけるくらい嬉しくて。




選手とマネージャーには果てしない距離がある中で
私はこの筑波大女子サッカー部に
マネージャー、ではなく1人の部員として入部しました。
1人の力では決してマネージャーと選手という壁を乗り越える事はできません。
周りがわたしを一部員として捉えてくれなければ
引退まで、マネージャーです。



マネージャーという役職が報われる事は
とても少ない、と思います。
なぜなら根底にその仕事を務めるのはマネージャーとして当たり前、という認識があるからです。




それでも私には皆、
ありがとうと言ってくれました。
さらには毎年毎年、素敵な先輩後輩、スタッフに囲まれ
最高の景色をいくつも一緒に見させて頂くことができました。
何より、4年間一緒だった同期とは大学生活において
最も長く時間を共有し
素敵な思い出をくれました。
一、マネージャーでしかない自分がこんなに恵まれていてよかったのでしょうか。




これからより様々なスポーツでマネージャーという立場が普及し、行動範囲も広くなっていくはずです。
だからこそマネージャー経験を積む人は
その経験が人生の豊かな糧となってほしい。
無給の奉仕。
そんな悲しい言い方のような4年間ではなかったです。
それは憧れではなく、理由を持って
チームに身を置けたからです。
チームが私をチームの一員とし、必要な存在である、と居場所を作ってくれたからです。



私自身、自分が必要な存在であったとは思えません。
それは誰もができる仕事を
たまたま自分がやっていただけに過ぎないからです。
それでも彼女達は私に「ありがとう」といってくれます。
なんとか、私はチームにとって必要な存在であれたみたいです。
それがとても嬉しいです。
こちらこそ、本当にありがとうございました。




最後にそんな大切な、素敵なチームのメンバーである彼女達を
日頃よりお支えくださった皆様、
本当にありがとうございます。
皆様のご声援、叱咤激励が今シーズン
とても選手達の励みになり、結果を残すことができました。
今後も後輩達への変わらぬご支援、宜しくお願い申し上げ
私の引退、最後のブログとさせていただきます。



マネージャー
松崎奈海







  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:12Comments(0)その他2017