2017年06月08日

Episode of Ozu


毎度お馴染み、オズ(#3)です。

この前のブログ、「オズの勧め」の記事を投稿してからというもの、PENTATONIXブームがじわじわと来てるんじゃないかと、最近ニヤニヤしがちです。

というのも、、何人かの部員から言われました。


ぐり(#29)
「そういえばオズさん、昨日PENTATONIXの曲聞きましたよ。普通に歌上手いんですね。」
(いや、どんだけ上から目線なん)

コロ(#11)
「そういえば昨日の夜ね、PENTATONIX聞いてから寝たよー。」
(夢にPENTATONIXが出てきたことでしょう)


何はともあれ!こうやって言ってくれるのってとっても嬉しいですね(^ ^)






さて、本題です。
いきなりですが、みなさん私のコートネームの"オズ"の由来を知っていますか?



「オズって、オズの魔法使い??」

これ、必ず言われます。
ちゃうで。



由来を説明します。

井上愛
→いのうえあい
→名前の中に母音で"お"だけがない
→"お"がない
→"お"あらず
→"オズ"


すごくないですか!!??
私が1年生の時の4年生が考えてくれたもの。提案したのは、かつての女サカブロガー白見はる菜さん。(本人曰く)

さすがのセンスとしか言えないですね!


このコートネーム、すごく気に入ってます!


今では部活の中で私の名前を本名で呼ぶ人はいません。なんなら他の部活の人も何人かは"オズ"って呼んでくれます。
たまーに、まるさん(#24)とこのみさん(#10)がふざけて"愛ちゃん"って呼びますが。





続きまして、オズワルドのエピソードについて。

1年生の秋くらいのとき、なぜか分からないですけど、スタッフの野間田さんが
「オズワールド」
と呼ぶようになりました。

ん?オズの世界?

「オズワールドって何やねん」


気になって仕方なかったので、ググりました。
便利な時代です。


すると、、予期せぬことに、
「オズワルド」
がいっぱい出てきました。






「オズワルド」知ってますか?
ディズニーのキャラクターです!!
オズワルドについてもっと知りたい方は、ぜひググって下さい!
色んなエピソードがありますよ。


野間田さんが果たして
「オズワールド」
と言っていたのか、
「オズワルド」
と言っていたのか未だに分かりません。

がしかし!
なぜかディズニーキャラクター「オズワルド」に愛着が湧きました!!(単純かよ)

野間田さんありがとうございます!


LINEのアイコンは、オズワルドにしてるし、スタンプもわざわざコイン貯めて取りました!
そんなこと全然するタイプじゃなかったのに私。




ある日、母と買い物に行った時のこと。


母「ねぇ、あれ、愛のLINEのやつじゃない?」

そこにはオズワルドのTシャツが。

私「わー!ほんとだ!買う!」


その後すぐ試着して買ってもらいました。
お母さん、ありがとう。




というね。私が「オズ」及び「オズワルド」に愛着が湧いたエピソードでした。


最後に私が好きな、オズワルドのスタンプシリーズです。








#3 井上愛
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:29Comments(0)部員日記2017

2017年06月06日

迷探偵その

こんにちは。
5月の更新を忘れてました、ゆみこ(#17その)です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

何を書こうかとずっと悩んでたのですが、そういえば映画を見に行ったので、それについて書こうと思います。

私は名探偵コナンに中学生の時からはまっていて、テスト期間中に1話から最新話まで見たことがありました。(テスト期間中は部活がなく、親も家にいないので見放題、笑)
それから、毎年コナンの映画を見に行くようにしています。
今年のコナンはなんと、服部平次が出るということで、絶対見に行かなくてはと思い、友達を誘って見に行きました。
私は服部平次がコナンのキャラの中でベスト3に入るくらい好きです。理由としては肌の色が黒いからです(肌がいい感じに焼けてる人が好き笑)。服部平次と同じ市に住んでいるのも自慢です。


ところで、さておき、肝心の映画の内容ですが、あまり覚えていません。というより、内容が入ってきませんでした。私は基本一人映画をするのですが、友達を誘ったのでちょっと自分の世界に入りきれませんでした笑。チアダンを見た時は、見知らぬおじ様の横で号泣したのに、横が友達だとダメだったみたいです。なので、今度からは横に友達がいても自分の世界に入れるようにトレーニングしたいと思います。

2017/6/6
その  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 09:13Comments(0)部員日記2017

2017年06月03日

(  ⚫︎ー⚫︎  )

みなさんこんにちは。
4月にブログ係のぐりにテーマを与えられたものの何を書いていいかわからず書かずにいたら、再び6月に割り当てられてしまいました、#7 はるか(まよ)

です。(誰がベイマックスじゃ。)
書く気がなかった訳ではありません。書く内容がなかったのです。

今回のテーマは……

『私の得意なもの』

得意な“もの”ではなく、好きなこと・得意な“こと”になりますが、私は人を待ったり誰かの為に動くことが得意なのかな、と最近気付きました。

前所属チームでは、ある選手の専属ドライバーかのように食事会の時などお酒を飲むような席にはほぼ必ず送迎させて頂いてました。というのも、頼まれるからではありません。私から迎えに行こうか?と言ってしまうのです。ちなみに、ある選手とはこの人です。知ってる人も多いのではないでしょうか。私のことをとにかくいじり倒し私のことをベイと呼び続けるお兄さん(お爺さんと書いたらやり直しを命じてきた吉良さん)。


女サカでは、#14 むしゃと#35 あかり の2人を乗せて出掛けることが多いです。スパイクを買いに行こうとしている時など、だいたい 乗せていこうか?と言ってしまいます。なんの利益もない…暇なわけでもない…。
いつだか忘れましたが、むしゃに迎えを頼まれたことがあったのですが、時間を伝えられてないのに携帯の充電が切れたらしく、何時に迎えに行っていいかわからなかったので、1時間以上車で待機したこともありました。アホですね。
……。
話の終わりが見えなくなってきたのでこの辺でやめておきます。(既に無駄に長いですすみません。)

明日は関東リーグ前期最終節です。
vs神奈川大学 13時キックオフ @1G
お時間のある方、ぜひ1Gにて応援よろしくお願いします!!

読んでくれた方、ありがとうございました。

#7 はるか  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 21:38Comments(0)部員日記2017

2017年05月31日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
体育専門学群1年の濵美笛(みふえ)です。
コートネームは、"きゅう"で、偶然にも背番号(9)と同じです。ぜひ覚えてください。

出身地は、兵庫県の神戸市です。
なので、ばりばりの関西弁です。
入部してから、何人かの先輩方に、
「神戸だからもっと上品な子かと思った」と言われたのですが、すいません、違います。
よく、うるさいと言われます。
神戸人のイメージとはほど遠いですが、
神戸にもいろんな人がいるので。(笑)

私は高3の時に一度、筑波を受験しましたが、落ちてしまい、浪人しました。
浪人時代は、体育進学センターという所でお世話になり、1年間の努力の末、筑波大学に合格することができました。
今は、2年間追い続けてきた筑波大学で勉強やサッカーをしていることに毎日喜びを感じる反面、1日が過ぎるのが早く、もう入学してから2ヶ月経ったのか、と少し驚いています。なので、1日1日を大切に、初めのこの気持ちを忘れず4年間がんばりたいです。

これからよろしくお願いします。

#9 濵 美笛(きゅう)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:30Comments(0)部員日記2017

2017年05月31日

自己紹介

はじめまして!生命環境学群生物資源学類1年の野島優希子です。コートネームは「あす」です。

私は神奈川県横浜市の出身です。
まほ(#2)、えな(#30)が既に横浜の紹介をしていますが、横浜の中でもまた違った地域なので私も地元の話をしようと思います。
私の住んでいたあたりは住宅街で、周りは家ばっかりでした。最寄り駅には遊ぶ場所はありません。そこだけ切り取ってみるとあまり横浜っぽくないような気もしますが、横浜駅にはまあまあ近いので便利な場所ではあります。
そして、地元のいいところは、サッカー競技場が近くにあることです!本当にサッカーが見やすいです。Jリーグや高校サッカーなどたくさんの試合があります。私はそこでサッカーを見るのが大好きです。
地元は落ち着いているしサッカー好きにはもってこいの環境だし私は素敵だと思っています。

私は小4からサッカーを始めて、地元の少年団や女子のクラブチームでプレーして来ました。部活でサッカーをするのは初めてなので、つくばに来てからは毎日がとても新鮮です。色々なことをここで学んで吸収していきたいです。そして、自分の課題を一つずつ克服していき、チームに貢献できる選手になれるよう努力します。さらにこの良い環境でサッカーができることに感謝し、協力してくれるたくさんの人に感謝し、時間を有効に使って、日々全力で過ごしていきたいと思います。

これから4年間、よろしくお願いします!

#21 野島優希子


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:29Comments(0)部員日記2017

2017年05月30日

自己紹介

初めまして。
医学群看護学類1年の向山 麗(むかいやま うらら)です。
コートネームはリオです。リオの方が呼びやすいと言われますが、全然呼ばれません。

出身は富山県です。
自然が多いと個人的には思います。富山と言えばコレというのはないですが、チューリップは有名です。毎年、砺波市でチューリップフェアが行われ、300万本ものチューリップが見られます。4月下旬から5月上旬にかけて行われているので気になる方はぜひ行ってみてください。

私は小学校、中学校とサッカーをしていましたが、高校ではサッカーはおろかスポーツもあまりやっていませんでした。大学に入って、何か打ち込めることがしたいという気持ちとサッカーから離れたくないという気持ちから女子サッカー部に入部することを決めました。最初は体力がなくツラいこともありましたが、最近は先輩方や同じ1年生にいろいろ教えてもらい毎日充実しています。

基礎もままならないですが、1つ1つの練習を大切にしてできることを増やしていきたいです。

これからよろしくお願いします。

♯27向山麗(リオ)






  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 08:46Comments(0)部員日記2017

2017年05月29日

オズの勧め

どうも。月1でブログ書くねって言ったので書きます、オズ(#3)です。
体育専門学群です。



今回は、タイトルの通りオズの勧めについてです!



先日、人生2回目のライブに行って来ました。ちなみに1回目は嵐です。
激アツ。興奮。歓喜。
ずーっと叫んでいました!




え、誰のライブなのかって??



(♪ ブルゾンちえみのネタのBGM)




『PENTATONIX』





みなさん、知っていますか!?
かの有名なPENTATONIXですよ!!

アメリカの5人組のア・カペラグループです。

スコットはイケメンだし、ミッチは歌上手すぎだし、カースティンは可愛すぎだし、アヴィはイケボだし、ケヴィンのボイパ天才だし、、

生で聞けるなんて思ってなかったのでほんっと最高でした!

ん〜〜〜
有り余るこの感情をめちゃくちゃ共有したいっ!!



(公式Twitterより)

この写真の右奥くらいに私います。

わかりますか!この写真に自分が写ってるって考えたらめちゃくちゃワクワクしますよね!!
余韻浸りまくりです。。




さて、ここでPENTATONIXのオススメの曲・PVを紹介します。


一番有名なのは「Daft Punk」ですね。
あと私が好きなのは、

「Problem」
「I Need Your Love」
「Rather Be」
「Sing」

って感じです。
みなさん、今すぐ動画サイトでチェック。

見てくれれば分かると思いますが、これ楽器を一切使っていなくて、ぜーんぶ人の声なんです!本当にすごいー!!



オズの勧めはこの辺にしますね!



ブリッジで出会った友達とパシャり。



あ、ライブには一人で行きました。

以上です。


#3 井上愛


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 10:28Comments(0)部員日記2017

2017年05月28日

自己紹介

はじめまして。
医学群医療科学類の中田貴子です。コートネームはメイです。メイというコートネームとても気に入っていますが、ほぼ呼ばれてないのでメイで反応できるかは怪しいです。

出身は富山県です。富山から筑波大学に来るのは一学年10人いるかいないかくらいだと思いますが、女サカの同期のうらら(#27)も富山出身という奇跡的な富山かぶりで嬉しい限りです。
大学来て富山何あるの?とたくさん聞かれますが何も答えられません。特に何もないです。最近は世界一綺麗なスタバという正直ただ普通のスタバを紹介するようにしてます。そんな富山ですが食べ物はおいしいし、私はなんだかんだ好きです。笑

私は高校に入学したときからずっと筑波大学でサッカーをしたいと思っていました。その念願が叶い、今、筑波の一員としてサッカーができていることがとても嬉しいです。常に感謝の気持ちを忘れず、コーチ、先輩方から多くを学び、成長していきたいです。また試合ではチームのために走れる、戦える選手でいたいと思います。
4年間よろしくお願いします。

#22 中田貴子(メイ)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:41Comments(0)部員日記2017

2017年05月28日

自己紹介

はじめまして!
生命環境学群生物資源学類1年の黒田江菜です。
コートネームは「はな」です。まだあまり呼ばれていませんが、個人的には気に入っているので、呼ばれるのを楽しみにしています。

出身は神奈川県の横浜です。
想像の通り、結構都会なのであまり生活面では不便を感じたことはないです。横浜の中では、わたしの地元は某有名大学のキャンパスがあり、いつも学生で賑わっています。最寄り駅前にはおいしいお店(ほとんどラーメン屋)が立ち並んでいます。都心へのアクセスもよく住みやすくていいところです。

わたしは小学校まで水泳、中学で陸上、高校でハンドボールをやっていましたが、サッカーはやったことがなく、初心者として入部しました。
なぜ女子サッカー部に?と思うかもしれませんが、わたしはスポーツの中でもサッカーは好きで、筑波大の女子サッカー部にもともと興味はありました。でも、入部する前はこんなレベルの高い中で初心者のわたしが入れるのかという不安もありました。そんななか、体験練習に参加して、すごく楽しくて、ここでサッカーをやりたいと強く思いました。
初心者という不安はまだなくなっていませんが、女子サッカー部の一員になった以上、いろんな人に支えてもらっているという意識と感謝の気持ちを忘れずに全力で頑張ります。

今年の目標は基本をしっかり積みあげて、試合に器用してもらえるくらいうまくなることです。そのため今は体力、筋力づくり、スキルアップを頑張り、レベルの高い中でいろんなことを吸収していきたいです。

これからよろしくお願いします。

#30 黒田江菜
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:03Comments(0)部員日記2017

2017年05月21日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
体育専門学群1年の山縣萌です。
入学してからも何度か間違えられましたが、ヤマガケでもモエでもなく、ヤマガタメグムと読みます。
コートネームはニコという名前をもらいましたが、今のところメグで定着しています。

私の出身地は山口県です。
山口とか何もないやん!とよく言われます。そんなことは私が1番よくわかっているので追い討ちをかけないでほしいです。
強いて名所を挙げるなら、角島大橋、錦帯橋、秋吉台などでしょうか。いずれも少し地味ですが綺麗な場所です。
また山口県といえば、月曜日に夜更かしをする方は知っているかと思いますが、県民ブス説など噂されているようです。
とはいえかわいい子はいますし、多少田舎ですが住み良いところです。


私は小学校からサッカーをしていますが、女子サッカー部でサッカーをしたことは一度もありません。なので、全員が高い意識を持ってサッカーに取り組む女子サッカー部での練習は本当に新鮮で、刺激を受ける毎日です。加えてわたしは去年体育専門学群を受験して合格できず、1年浪人して入学したので、このチームでサッカーができることによりいっそう喜びを感じています。
当面の目標は、チームにフィットして自分の力を発揮、さらにレベルアップして、様々な場面でチームに貢献できるような選手になることです。

このような環境で生活できることに感謝し、やりたいこと、やるべきことをしっかりとこなして、充実した大学生活にしたいと思います。

これからよろしくお願いします。

♯19 山縣 萌(ニコ)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 10:14Comments(0)部員日記2017

2017年05月20日

自己紹介

こんにちは、はじめまして!
体育専門学群1年の小平真帆です。
コートネームはりんです。

私の出身は神奈川県横浜市です。
横浜市といえば、『逃げ恥』や『ラストコップ』など多くのドラマや映画の舞台となっていておしゃれな街というイメージを持っている方が多いと思います。
実際、本当におしゃれです。
ですが、私が住んでいた場所は、横浜市といっても多くの方が想像する横浜市とは違い都会とも田舎ともいえない何とも言えない街です。なので横浜市民ではありますが、みなとみらいに遊びに行くと観光客のようにテンションが上がり、たくさん写真を撮ります。最寄駅付近には一応百貨店やスタバがありますが、少し歩けば果樹園や畑もあります。そんな何ともいえない街とはいえ、横浜駅まで電車で8分、鎌倉まで15分、東京までも40分と、交通の便が良くとても住みやすい場所だと思いますし、富士山がきれいに見えるところも多くあり私は地元が大好きです。

私は小学2年生の時にサッカーを始め、中学では女子のクラブチームで、高校は東京の高校の女子サッカー部でプレーをしてきました。現役のときも筑波を受けましたが不合格で、でもどうしても筑波大学でサッカーがしたくて、浪人をして筑波大学に入りました。なので筑波大学の女子サッカー部の選手としてプレーしていることにこの上ない喜びを感じています。

今は先輩方のレベルの高さに付いていくことだけで精一杯ですが、家族やスタッフの皆さん、先輩方、同期、関わってくださる全ての方々と、サッカーができる環境に感謝を忘れず、チームの勝利に貢献できチームに必要とされる選手になれるように、サッカーはもちろん、色々な面で成長できるよう一日一日を大切にして日々精進していきたいと思います。
これから4年間よろしくお願いします。

#2 小平真帆(りん)

みんなの思い浮かべる横浜



地元



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:06Comments(0)部員日記2017

2017年05月19日

ブログテーマについて

こんにちは。毎度おなじみブログ係のぐり(#29)です。

この女サカのブログ、基本的には各月の前半と後半で二人くらいずつ、それぞれにテーマをあてて書いてもらっています。今月だと前半の担当はコロさん(#11)とこのみさん(#10)でした。二人とも「夢」という題名で書いてくれてますね。
コロさん
2017/05/13

このみさん
2017/05/15



そう、それが私の割り当てたテーマ…、ではありません。


一応テーマは「母の日」でした。

もちろんテーマは強制ではなく、「テーマないと何書いていいかわかりませーん」という部員のために、係が参考程度に提供しているものです。
だから二人にはなんの問題もありません。むしろ面白かったからありがたい。ありがたいんですけれども。

なんだろう。
コロさん(#11)は眠っている間にみる「夢」について、このみさん(#10)は将来をイメージする「夢」について、それぞれ自身の経験を踏まえて語ってくれました。二人とも自由奔放に書いた結果、同じ題名で違う世界観が広がったのがすごい。

「テーマを母の日にしたら、自分の家族の話とか、小さい頃にお母さんに送ったかわいいプレゼントとかエピソードとか、いい話がでてくるんじゃないかな~」という、浅い考えが打ち砕かれました。
勝手に謎の敗北感を味わいました。夢が夢に破れたというか。

何が言いたいのかわかりませんがとりあえず二人のブログ、読んでみてください。
既に読んでくれたひと、ありがとうございます。面白かったでしょ?

五月後半は新入生の自己紹介がしばらく続きますのでご期待ください。

では!

#29 保田真帆

P.S.内容と無関係ですが、尾瀬合宿にてグラウンドに向かう際、道なき道を進んだ部員たちを載せておきます。

  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:03Comments(0)部員日記2017

2017年05月18日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
社会国際学群社会学類3年 鈴木朝恵(ともえ)です。
コートネームは「でん」ですが、全く浸透していないため反応できる自信はありません。


昨年の三年次編入試験を経て、この春から筑波大生となったピカピカの新入生です。

現在は、英語と経済学を中心に法学・政治学・社会学などを学んでいます。
しかし高校では物理化学選択の理系でしたし、昨年度までは体育系学部に在籍していました。我ながらなにがしたいのかよくわかりませんが、最終的にはなるようになるんじゃないかなーと思っています。


出身地は、愛知県西尾市です。
田畑はもちろん、山も川も海も島もあり、自然豊かでとってもとっても素敵なところです。

特産品はたくさんありますが、やはり一押しはお抹茶です。生産量は宇治抹茶にだって負けません。
市内の全中学校で学校行事としてお茶摘みもします。二日間茶畑にこもり、無言でひたすら茶葉を摘むだけの行事なんですが、案外楽しいです。
このように市をあげて推している「西尾の抹茶」ですので、ぜひ今日を機にご贔屓ください。


サッカーに関しては、小中高と名古屋FCレディースというクラブチームでお世話になっていました。
また私の地元は名古屋市から離れていたため、並行して中高ともに学校の男子サッカー部にも所属し、一緒に練習させてもらっていました。

しかしここ何年かはしっかりとはサッカーをしていなかったので、まだまだブランクがあります。
恵まれた環境のもとで、女サカのみんなとボールを蹴れるできることの幸せを噛み締めつつ、少しでもチームの力となれるよう精進していきます。

いろんなことにチャレンジして、楽しんで、充実した二年間を過ごしていきたいと思います。

これから宜しくお願い致します。


#20 鈴木朝恵 (でん)





  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 12:01Comments(0)部員日記2017

2017年05月15日

体育専門学群4年の内田好美です。

突然ですが、皆さんには将来の夢はありますか?夢のかたちって人それぞれですよね。私は年々変化しています。

保育園のとき。

夢は空を飛ぶことでした。
鳥みたいに大空を自由に飛び回るのにあこがれていました。将来の夢を言う発表会でみんなが、やれケーキ屋になりたいだの野球選手になりたいだの言っている中「おおきくなったらおそらをとびたいです!!!」と言いました。いつか人は空を飛べると信じています。

小学1年生のとき。
七夕の短冊に「ぴあにすとになれますように」と書きました。ピアノ教室にも通い熱心に練習しました。

でも、発表会のとき華やかなドレスを着るのがどうしてもいやで、私のピアノへの思いは年々薄れていきました。発表会がジャージ可なら今頃ピアニスト内田になっていたと思います。

ちなみに小学校の卒業文集には、将来の夢は「人とあんまり話さない、集中して出来る仕事につくこと」と書きました。かわいげがないですね。人と話すのが苦手でした。サッカーの練習でも、パスが欲しいとき「ヘイ!」すら言えず、ペアがいないとき「コーチ2人組あまりました」なんて言えず、いつも隅っこでモジモジしてるような子だったので仕方がないです。

中学生のとき。
両親が教師なので、将来は教師になるかぁ、と何となく思っていました。

高校に入ると、夢の代わりに目標が出来ました。筑波大学に行くこと。そのために必死で勉強していました。

体専は冷静に厳しい。運動能力的に。そう考え選択肢は人文か教育の二択でした。今思うとそこで人文か教育なら筑波に行けると思った自分が逆に素晴らしい。何を根拠にそう思ったのか昔の自分に聞いてみたいです。

そして大学4年になった今の私の夢は、

人の心を動かすプレーが出来るサッカー選手になることです。

あと、将来はクラブマネジメントに関わって地域密着の強いチームを作るのも、私の夢です。

夢を叶えられるよう、日々がんばろうと思います!



このみ  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 13:01Comments(1)部員日記2017

2017年05月13日

こんにちは。
森春奈(#11 コロ)です。

暑い日が増えてきました(今日は雨で寒いです)が、皆様いかがお過ごしでしょうか。



私は最近、眠りが浅いのでしょうか、よく夢をみます。



夢って面白いですよね。
意味分からないですよね。
宇宙は広がり続けている、という事実と同じくらい、意味分からないです。


夢は自分が思っていることや望んでいることなどを表していると言います。それはわかります。
試合で勝つ夢とか、好きな人が出てくるとか。
そういうのは分かります。
そういうのは良いんです。


ただ、どう考えてもこんなこと考えてないし絶対関係ないだろ!という内容もあるじゃないですか。
それが腑に落ちないというか、謎すぎます。
それでも何かを表しているのでしょうか?


異なる所属集団から何人か知り合いが登場してくるってこともありますよね。サッカーの仲間、高校時代のクラスメイト、家族、から1人ずつ選抜されて、出演。という感じ。
これ、個人的にとても好きです。


朝起きて、顔洗って、トイレ行って、着替えて、色々済ませた!と思ったら、布団の中だった、なんてこともありますよね。
布団から出られない冬によくこれが起きます。
まだ自分は何もしていないんだと気付かされた時には絶望します。


夢の内容に合わせて実際に体が動いた瞬間に目が覚める、ってやつもなかなか面白いですよね。

あと、人の夢への出演は頗る嬉しいですよね。




夢って本当面白い!!!




早く夢の謎を解明してほしいですね。
自分がみたい夢をみられるような時代になったりして。



最後に、私の思い出深い夢ベスト3

1 山姥みたいな人に追いかけられて、お腹を刺され、お腹を抱えて布団の隅っこで縮こまりながら、覚めた夢

2 自分がラティオス(ポケモン)になって飛んだ夢( 爽快感を今でも覚えている)

3 動物園のライオンにおしりをかじられた夢




以上です。
読んでくれた皆様、共感してくれた皆様、
ありがとうございました。


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:27Comments(0)部員日記2017

2017年04月29日

時間

こんにちは。
数学類2年のななこ(なずな#23)です。

今年度が始まって1ヶ月が経とうとしています。今欲しいものは時間と言っても過言ではありません。本当に月日の流れが早いです。


唐突ですが私には直したい癖があります。それは、いつも時間ギリギリで行動してしまう、もしくは2,3分遅刻してしまう、というものです。
これは今に始まったことではなく、中学時代にはすでにそうでした。

歩いて10分の中学校に行くのに、朝部活が始まる8分前に家を出る。中学校までの道のりはall上り坂。毎朝坂ダッシュでした。おかげで体力がつきました。

高校時代、車で5分の駅に行くのに、発車時刻の3,4分前に家を出る。運転がうまいとは言えない母が、娘のために必死でハンドルをさばく。母の活躍により、無遅刻無欠席無早退の皆勤賞でした。

こんな感じで、ギリギリでもどうにかこうにかうまいことやって来れたのですが、世の中そんなうまく行くはずありません。もっと余裕を持って過ごさねば。

エピソードが長くなりましたが、時間にゆとりある生活ができるよう心がけたいです。  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 13:29Comments(0)部員日記2017

2017年04月28日

最近思い出すこと

こんにちは!
あかり(ボン)です。

最近、ふと昔のことを思い出すことがあります。

花粉症で鼻水が止まらなかった今年の3月は、小学校2年生の頃に鼻水が止まらなかった日のことをふと思い出しました。

小学2年生のある日、朝起きた時から鼻水が止まらなかったので、今日は鼻水がすごいなと思い、ポケットティッシュを8個ぐらい持って学校に行きました。

2時間目ぐらいまでは何も気にせずティッシュを使っていたのですが、あまりにもティッシュの減りが早かったので、このままだとティッシュがなくなってしまう、と思い、休み時間はトイレでトイレットペーパーで思いっきり鼻をかんで、授業中はちょっと顎をあげてなるべく鼻水が落ちてこないようにしました。

しかし、5時間目の終了10分前、ティッシュが残り1枚になってしまいました。鼻水は極限状態でしたが、帰り道のことを考えるとティッシュは残して置かなければいけないと判断し、でも垂れる鼻水は待ってくれないので、
お道具箱の中にあった折り紙の中から白い折り紙を取り出して、人生で初めて折り紙で鼻をかみました。

周りの人に折り紙だとバレないように必死で鼻をかんだな、とふと思い出しました。


ちなみに、トイレットペーパーをティッシュの代わりに持ち歩くということを学んだのは高1の頃で、
同じクラス男の子が机の上にトイレットペーパーを置いていたのを見て真似しました。

ティッシュの箱を持ち歩くということを学んだのも高1の頃です。


鼻水がひどい日に、ティッシュがなくなるかもしれない、という小学校2年生の頃に抱いたちょっとした恐怖心から、今は鼻水ヤバイなと思ったらティッシュの箱かトイレットペーパーを持ち歩きます。


という感じで、この他にも昔のことをふと思い出します。
以上です。

  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 09:01Comments(0)部員日記2017

2017年04月22日

大学3年生になって

こんにちは!体育専門学群3年のオズ(#3)です!

「月1でブログ書くから!」とブログ係のぐり(#29)に宣言したのはいいものの、意外とネタが思いつかないものですね(笑)

特にこれといったことも無いので、ここ最近思ったことを書きたいと思います。


さて、こんな私も大学3年生になりました。
「え〜〜〜あのオズがもう3年生!?」
とOGの方は思っていることでしょう、特に私が1年生の時の4年生の代の方々(笑)

学校では新しく研究室の授業が始まり、楽しくて毎回ワクワクしてます(^ ^)
部活では今までとは立場が変わり、考えることも多くなって、難しいと思う反面とても充実してます。


そんな弱冠、20歳の私が最近思ったこと。
大学に入ってから気づいたこと。学んだこと。

「待っているだけでは何も起こらない」

文字面だけ見ればとても当たり前のこと。
でもこの言葉の意味するところはとても大きいものなんだなと実感するようになりました。

大学にはいろんな人がいます。
恵まれた環境があります。

この2年間、なんとなく様々な場面でチャンスを逃してきたんだなーと思います。逃してきた、というか掴もうとしていない。

自分から飛び込んでいけば多様な価値観を見つけられたり、自身の視野を広げられたりするはずです。

すごく当たり前のことを言っていますが、飛び込んでいくことは意外と難しい。勇気が必要。
今いる場所が居心地が良くて、殻を破れていなかったような気がします。

もちろん居心地の良い場所がある、ということはありがたいことです。この上なく幸せです。
でも、せっかく恵まれた環境にいる中でもっと違う世界にも飛び込んでみたいなー。
というのが最近思ったことです。


ということで!
残りの大学生活、いやこれからの人生では自分からアクションを起こして視野を広げていける人間になりたいと思います。
たくさんチャレンジして、
たくさん飛び込んで、
たくさん失敗して、
たくさん恥をかいて、
それも笑い話にできるくらい
強い人間になりたいです。


変化を待っているだけでは何も起こりません。

そして、このことに気づけたのは人とのつながりがあったからこそです。
これからも人とのつながりを大切にしていきたいと思います。


読者の皆さんがオズにどんな印象を持っているか分かりませんが、こんな真面目なことも書いちゃうんです。
てかむしろ、ブログ面白く書けないから真面目ちゃんキャラで攻めていこうかな。笑
次回のブログに期待していてください。


井上愛(#3)
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 05:52Comments(0)部員日記2017

2017年04月19日

標準語と方言

こんにちは。
出会ってからそれなりに経過した新入生に「えっ体専じゃなかったんですか?!」と言われました、2年のぐり(#29)です。一応大学では教育学を学んでおります。こんなんでも文系女子大生やってます。

さて!早いもので女サカの新歓も残すところあと一つとなりました!みなさんお待ちかね、手料理パーティー(24日)ですね。外食企画、説明会、体験会、お花見など、様々な新歓イベントの甲斐あってか今年はたくさんの新入生が入ってくれそうです。「ぐりさん」って呼ばれるの正直ちょっと照れくさい。

まあその辺はまた詳しく書くとして。

筑波大学ではどこの組織でもそうだと思いますが、日本全国からいろーんなひとが来ているんですよね。女サカも然り。

なにがすごいって、方言がすごいです。生まれてから18年東京で過ごし、両親も東京の人である私には今でもそれが新鮮でなりません。「なんでやねん!」の関西弁くらいしか知識がなかったのですが、地域によって少しずつ差があるんですね。関西も大阪と京都ではちがったりとか。同じ県の中でも差があるらしいです。「らしい」、としているのは私が違いを理解してないからです。「何か関西っぽい話し方だな~」レベル。

あと女サカには謎に愛知県民が多いのですが、普段彼女らは方言を極力おさえているらしいということを聞いて驚きました。だって「~しとるんよ」とかいう語尾だし、イントネーションが関西寄りだし、それだけで結構びっくりだったんですよ?「できなかった」は「できんかった」だし。噂によると「~だがん」という語尾があるそうです。衝撃だがん(すみません)。

逆に、彼らにとっては標準語が堅苦しく感じるそうで、こっちはフランクにしゃべってるつもりなのに「お前、何をそんなにかしこまっとるん?」と感じるそうです(岡山県出身のキャプテン談)。「よそよそしすぎて怖い」とも。言葉って不思議ですね。

都会っ子アピールがうざいと言われそうですが、個人的に方言を聞くのは結構好きです。大体は頭で翻訳して聞いているのですが、たまに標準語に直訳できないニュアンスを含んだ言葉があったりして。余談ですが日本語の「もったいない」は英訳が難しいそうです。そんなイメージ。

新入生には富山や兵庫や山口など、新しい地域の子もいるのでいまから楽しみです。出身地自慢はきっと新入生の自己紹介ブログで書いてくれることでしょう。

以上、ブログ係のひとりごとでした。

#29 保田真帆  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 11:43Comments(0)部員日記2017

2017年04月10日

はたち

こんにちは。
先日、20歳の誕生日を迎えました、ゆみこ(#17その)です。

誕生日早い人あるあるに、あまり祝って貰えないというものがあります。まさに今回の誕生日はそうでした。

まず、誕生日当日は朝練でした。朝起きて、「ああ20歳なんだ、、、」と、まずショックを受けました。しかも、雨。最悪です。なので、とりあえずNEWSの誕生日動画を見ました。しかし、手越がうるさくて少しイラッとして終わりました。
朝練が終わり、1度父宅へ帰りました。普通ならここで同期に誕生日会をしてもらえる所なんですが、次の日が合宿のため、延期になりました。
5時半からスクールがあったので、もう1回つくばに行きました。スクールを終え、帰りが遅くなることがわかったので、父に「帰るの遅くなるわ」とLINEしたら、「大阪に帰ってます」と言われました。「おおう、誕生日なのに私は家に帰っても1人なのか」と思いました。
電車に乗り、帰っている途中に電話がかかってきました。大学の友人でした。電車内かつ充電がなかったので、とりあえず気づかなかったふりをしました。一人寂しくご飯をうどん屋で済ませ、帰宅し、折り返し電話をしました。もしもしから始まると思って構えていたら、誕生日おめでとう!!!!!とハイテンションでした。びびった笑。「こっちの世界へようこそ」や、「やっと一緒に飲めるね」など弾丸トークが止まりません(彼女は浪人生)。「今日はお父さんとパーティーか?」って聞かれましたが、「残念ながら父は大阪です」と言うと、「人生で1番大事な誕生日やのに、それは怒っていいで」と言われました。確かに。「それは悲しいから、うちの新居でパーティーしてあげるな」ってツンデレ風に言われたので、元気が出ました。いい友達持ったなと思います。

今年はなんとサッカー始めて10th anniversaryでもあります。人生の半分もサッカーをしてるんですね、、、。サッカー面ではスタメン定着、そして、人間面?では、年相応の女性になれるように頑張りたいです。



ちゃんと後日祝ってもらいました。
素敵なプレゼントありがとう!!



2017/4/10
その  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:56Comments(0)部員日記2017