2017年07月31日

文化祭準備

こんにちは。#3のオズです。


突然ですが、
何をしているでしょうか??














そう!
タイトルの通り、

文化祭準備

ではありません。




お楽しみに\(^o^)/




#3 井上 愛
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:29Comments(0)部員日記2017

2017年07月08日

編入試験

こんばんは、
3年のともえ(#20 でん)です。


今回は編入試験についてお話ししたいと思います。

「編入ってなに?センター受けるの?」
等よく聞かれますが、センター試験は受けません。

また試験科目、配点はもちろん、日程も大学・学部で異なるため、日にちさえ被らなければいくつでも挑戦できる夢のある試験です。
( 実際に、5校10校受験したって話も聞きました )


基本的に、三年次に編入になるケースが多いので、高専生のための試験とも思われがちですが

大学受験に失敗してしまった…
今の大学が楽しくない…
知名度のある大学へいきたい!
今とは違う分野の勉強がしたい!
もっと高いレベルの研究がしたい!

など様々な理由から、多くの短大生や四大生が受験しており、編入のための予備校なんてものも何校か存在しているみたいです。


そしてその試験時期としては
理系は 6月〜
文系は 9月〜 の大学が多いようで、
今はまさに理系編入シーズン真っ盛りなんです!

ちなみに、筑波の理系入試も来週(7/15.16)です。

したがって、この場をお借りして、未来の筑波大生たちに、自分の知っている限りのことを書き留めておこうと思います。
あくまで私個人の知識および見解なので、その点は十分にご注意ください。


【英語について】
筑波ではTOEICかTOEFLの提出が求められます。
( 私が所属する、社会学類のみ筆記試験 )

○○点で満点という情報がネットで流れていますが、それは大方信じて大丈夫です。
ただそこに到達してないから無理なんてことはないし、上回ってるから余裕なんてこともありません。
TOEIC500点台で受かる人もいれば、750点を超えていて落ちる人もいるようです。

あまり取れてなくても諦めず、取れているからって驕らずに、他のところに力を注いでください。


【専門科目について】
私は理系試験を受けたわけではないので、参考程度に経験談(2月末 社会学類)をしておきます。

去年は午前が専門科目、午後が専門英語でした。
専門(経済)に対する予備知識がゼロからのスタートで、勉強期間もかなり短かったので、多くの不安を残したままの試験開始となりました。

いざ問題をみると、
初っ端の問題からわからない
得意なはずの計算問題の答えが出ない
意味の説明を求められている単語は初見
聞いたこともない時事系の問題の論述 などなど

本当に、頭が真っ白になりました。
できる限り丁寧に数式を書く、全く知らないことをそれっぽく記述するなど最大限努力はしましたが、午前の試験を終えた時点で、
「あーこれはもう無理だ終わった帰ろう…」
と、電車やバスの時刻を調べながら割と本気で悩みました。それくらい手応えがなかったです。

そんな感じでも、今こうして筑波大生をしているので何が起こるかはわかりません。
もしかしたらみんなできてないかも!
もしかしたら勘が全部当たってるかも!
もしかしたら大量の部分点がもらえるかも!
という超ポジティブシンキングで、諦めずに最後までやりきってください。


【面接について】
筑波では、2日目が面接日となっています。
( 知識情報・図書館学類は除く )
先生方は1日目の試験の結果や現在籍校の成績、単位修得状況、志望理由書などを手元に揃えて面接を行います。

試験日と日程が異なるため大事だということも言われていて、実際に社学には「お前は面接でとった」と教授に言われた先輩もいるそうです。
しかし私が聞いた教授は「大事なのは試験だけ」と仰っていたし、「緊張してタメ口で話しちゃった」なんて言ってる同期もいます。

だから、面接に関してはよくわからないです(笑)
でも好印象に越したことはないので、しっかり対策や準備をしておくと良いでしょう。
ちなみに私は1日目が終わったあとから詰め込んでやって乗り切れたので、まだ十分間に合います!

先生たちはとても優しく、興味を持って話を聞いてくださいます。硬くなりすぎず、落ち着いて自分の思いをしっかりと伝えてください。
一部圧迫面接気味な部屋もあったそうですが、そのときは負けじと強気でいきましょう(笑)


以下、質疑の内容です。

・なぜ経済(専門科目)を勉強したいのか
・なぜ院進や転部でなく編入なのか
・なぜ筑波なのか
・今の学部ではどんなことを勉強してるのか
→どのような形式で入学したか(セン利、一般etc)
・○○とはどんな授業か
・○○の成績が良くないのは理由があるのか
・昨日のテストの出来
→どれが一番難しいと感じたか、なぜ
・どのように勉強したか(塾、参考書)
・志望理由書に「○○○」とあるが、これは具体的
にどういうことを言っているのか
・編入したらやりたいこと
→それに関して、特に興味があるのはどの分野か
→現時点での研究計画(内容、方法、観点)
・卒業後の進路
→そこで何をしたいのか
→ここで勉強したことをどう活かすつもりなのか
・質問、自己アピール等あればどうぞ

その他にも、
「昨日の問題の○番ってわかった?ちょっと黒板に
グラフ書いてみて」
なんて言われた人もいたらしいです。恐ろしい…

筆記試験が終わったあと、自信がないところを中心に復習して、しっかり答え合わせまでしておくと安心かと思います。



筑波大学は全国的に見ても募集人員が多く、制度や受け入れ態勢が比較的整っているため、編入するには優しい大学だと言われています。
( 全9つの学群のうち5つの学群で募集があり、毎年100人以上が3年次または2年次に編入学します)

親切な先輩もたくさんいるので、単位認定のこと等を心配する必要はありません。


きっと素敵なキャンパスライフが待っています。

あと一週間弱ですが、最後の最後まで全力を尽くして、自信を持って試験当日を迎えられるようにしてください。
本当に本当に、心から応援しています!


無駄に長い文章になってしまいましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。


鈴木朝恵 (#20 でん)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 21:32Comments(0)部員日記2017

2017年06月24日

最近出会った生物たち

こんにちは。1年の黒田江菜です。(#30 はな)です。
今回、「梅雨と言えば」というテーマで割り振られましたが、私は生物資源学類に所属しているということで最近出会った生物について書きたいと思います。

筑波大はなんといっても森なのでいろいろな生物に出会います。かわいいやつもいますが、会いたくないやつもいます。

かわいいやつといえばこの前、授業の実習で田んぼに行ったときにアマガエルを見つけました。まだ小さくて跳ぶところが本当にかわいかったです。
実習では牛舎にいる牛も見ました。大きいやつはかなりの迫力でしたが、とてもおとなしかったです。
あとは野良猫。私は宿舎に住んでいますが、そこの周りに数匹住み着いています。人懐っこいので結構近寄ってきます。

でもやっぱり会いたくないものの方が多いです。ビッグなナメクジとかカサカサ動くヤツとか蜘蛛とか…中でも蜘蛛の出現率は高いです。というよりも蜘蛛の巣がいたるところに張り巡らされています。最近の悩みは、よく蜘蛛の巣に引っかかることです。自転車で走っていると、顔に引っかかります。
でも、そんな生物たちにも結構見慣れてきてしまって耐性がついてきたような気がします。慣れってすごいです…

筑波大での生活は、こんないろんな生物に囲まれ、毎日が新鮮です。これからもこの自然豊かなキャンパスでいろいろな発見をしながら、大学生活を有意義なものにしていきたいです。

黒田江菜(#30 はな)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 18:12Comments(0)部員日記2017

2017年06月22日

梅雨は嫌い

今回ブログを割り当てられたむしゃ(#14 ハル)です。

テーマは『梅雨』ですが、季節や天気に左右されるほど甘っちょろい人間ではないので
(私は夏と冬と雨が嫌いです)あまりネタがありません。

私は昨年、一昨年と梅雨前に前十字靱帯を断裂し、この時期は毎回リハビリをしていました。
それもまだ立てない時期のリハビリだったので雨に打たれながら、ビショビショの芝に寝っ転がりアウフバウ(知ってる人は知っている)をひたすらしていました。

ですので、梅雨の時期はただただ部活の時間が汚い自然シャワーを浴びる2時間で、あまり良いイメージはありません。

梅雨のアウフバウを乗り越え、2年のリハビリ期間を通して、私が得たものは数え切れないほどあります。

そのひとつが
当たり前は当たり前でないこと。

走れること、動けること、話せること、息ができること。
いま私が当然として行っていることは、誰かの望んでいることだということ。

ある瞬間から突然走れなくなったあの日に、やっとこの大きな事実に気づけました。

大袈裟だと思うかもしれない、いまはまだパッとしないかもしれない。
私も怪我をしてなかったら、気づけていなかったと思います。


今、こうしてボールが蹴れて全速力で走ることができる身体があり、
自転車で10分行けば人工芝のグラウンドがあり、
指導してくださるコーチがいて、
たくさんのひとが支えてくれているこの環境が、
どれだけ恵まれているのか、
ここの誰よりも心に刻んでる自信があります。

だからこそ、1日1日を無駄にしたくない、しちゃいけないと思っています。

怪我をしないことは素晴らしい才能だと思いますし、しないに越したことはないと思います。
私は怪我して良かったとは思いませんが、怪我をしたことは確実に自分の成長に繋がっています。

たくさんのひとへの感謝を胸に、この期間を糧にして、あと半年間ひとつひとつ不安要素を無くして最後まで力を尽くしたいと思います。

これからも変わらぬ応援よろしくお願いします。


武者



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:15Comments(0)部員日記2017

2017年06月19日

私の得意なこと

こんにちは。
3年のとと(#16)です。

今回は『私の得意なこと』について書きたいと思います。


私は何が得意か考えたときに、ぱっと思いついたのが“お菓子作り”でした。ぐりもそれを想定してテーマを振ってくれたのかなーと思ったので
期待にお応えしてお菓子作りについてのエピソードを書こうと思います。

私の家では昔から誕生日ケーキやクリスマスケーキは母の手作りケーキでした。それが子供の私にとっての常識だったので、他の子はみんなお店でケーキを買っていると知ったときは衝撃でした。

今でも母の気が向けば実家に帰るときに手作りケーキが私を待っています。
毎回そうだも嬉しいのですが、「作って太らせちゃうと悪いから」と言ってあまり作ってくれません。
(たぶん作るのがめんどくさいだけ)

大学に入ってからは、
誕生日には毎回手料理というのが私たちの学年では恒例行事なので、
同期の誕生日のときにはケーキを作るようにしているのですが、

何ケーキがいい?と聞くと
オズ(#3)は「フルーツ食べられない。」
うん、知ってる。もともと選択肢に入ってません。

それに対してコロ(#11)は「フルーツたっぷりのタルトが食べたい。」
いやいやオズ食べれないやん、となります。

結果、だいたいチョコケーキになります。

この前のコロの誕生日にはさつまいもタルトを作って好評だったので、これからはそういう変化球的なところねらっていこうかなと思います。

もうすぐともえ(#20)の誕生日があるので、みんなの要望に応えられるように頑張りたいと思います。


轟晴奈(とと #16)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 07:26Comments(0)部員日記2017

2017年06月11日

教育実習

こんにちは。
4年の福田有紗(#24 まる)です。

5/15〜6/3まで教育実習に行ってきました。

まだ実習手帳が完成していないのでブログを書いている場合ではないのですが、この熱が冷めないうちに投稿したいと思いました。


本当にあっという間の3週間でした。
毎日が楽しくて充実していました。(最初の3日間は帰りたくて仕方がなかったので毎日と言うと語弊があるかもしれません…。)

高校で希望を出していましたが、指導教員の先生の関係でホームルームは中2担当になりました。
中学生とどう接したらいいかわからず正直絶望でした。

そんな状態で実習が始まりました。
大して何もしていないにも関わらず、緊張と気疲れで疲労困憊でした。


ホームルームの中2の生徒たちはやんちゃながらも素直でかわいい限りでした。
まさに中学生という感じでした。

そんな生徒たちから最後に色紙をもらいました。
まさか書いてくれているとは思っていなかったのでびっくりしました…。
以下、男子中学生らしさを感じたメッセージの抜粋です。
①「彼女になって by男子全員」

②「先生は体育ができなくなった時のために、他の教科も勉強した方がいいと思います。」(Yくん)

③「先生は美人だと思うので、将来がんばってください♡ 」(Yくん)

④「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ(崇徳院)」(Mくん)

中学生ですね。

女子はみんな細かい字でぎっしり丁寧に書いてくれました。
泣けますね。


女子バレー部の後輩は真面目で積極的で、これまたかわいい限りです。(私は高校時代バレー部でした。)
悲鳴をあげながらも筋トレを頑張ってくれて、最後には大きなコルクボードをもらいました。
忙しい中、たくさんのメッセージを書いてくれて写真まで貼ってくれて、もう感無量というやつです。
泣きました。



話は変わりますが、教育実習中に私は初めてカンパンを食べました。
災害時用に学校に貯蓄されていたカンパン(金平糖入り)を20缶程、消費期限の関係で先生からいただきました。

初めは誰も手をつけませんでしたが、4日目ぐらいから減り始めました。
実習生一同カンパンの美味しさに感動し、次々に手が伸びるようになっていきました。
それはそれはおいしいカンパンだったのです。

いよいよ最後の1缶になった時、名残惜しくて丸1日誰も手をつけませんでした。
実習生の部屋の黒板の真ん中に大事に飾られていました。
そして誰かがついにその1缶を開け、紙袋に山積みにされていたカンパンは1週間程で姿を消しました。
あれだけあったカンパンがなくなったという達成感から、すぐに先生に報告しました。

すると翌日、さらに12缶のカンパンが追加で届きました。
私たちは3日間程で消費し、今度こそ食べ切ったという達成感から先生に報告しました。

またしても追加で20缶が届きました。
再び私たちの戦いが始まりました。
4週間の実習生もいたので5缶は残し、最終日までに15缶を消費してきました。

カンパンというと味がなくて固くて美味しくないイメージでしたが、食べてみるととても美味しかったです。
まさか教育実習中に初めてカンパンを食べることになるとは思っていなかったので、貴重な経験になりました。


先生方、生徒、実習生、そしてカンパンにも恵まれ、私の教育実習は幕を閉じました。

毎日勤務時間(教職員も21時までしか残れない某警備会社のシステムが入り、実習生は20時までと言われていましたが毎日21時までかかってしまいました…。)ぎりぎりまで付き合ってくださった指導教員の先生はじめ、本当にたくさんの先生方にお世話になりました。
母校に戻ってよかったです。

生徒にもらった色紙もコルクボードもしっかり部屋に飾ってあります。
毎日読んでも涙が出ます。
あの日々に戻りたいと思い続けて早1週間。
なかなかその気持ちが抜けませんが、また目標に向けて頑張ろう思います。





福田有紗(#24 まる)  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 06:48Comments(0)部員日記2017

2017年06月08日

Episode of Ozu


毎度お馴染み、オズ(#3)です。

この前のブログ、「オズの勧め」の記事を投稿してからというもの、PENTATONIXブームがじわじわと来てるんじゃないかと、最近ニヤニヤしがちです。

というのも、、何人かの部員から言われました。


ぐり(#29)
「そういえばオズさん、昨日PENTATONIXの曲聞きましたよ。普通に歌上手いんですね。」
(いや、どんだけ上から目線なん)

コロ(#11)
「そういえば昨日の夜ね、PENTATONIX聞いてから寝たよー。」
(夢にPENTATONIXが出てきたことでしょう)


何はともあれ!こうやって言ってくれるのってとっても嬉しいですね(^ ^)






さて、本題です。
いきなりですが、みなさん私のコートネームの"オズ"の由来を知っていますか?



「オズって、オズの魔法使い??」

これ、必ず言われます。
ちゃうで。



由来を説明します。

井上愛
→いのうえあい
→名前の中に母音で"お"だけがない
→"お"がない
→"お"あらず
→"オズ"


すごくないですか!!??
私が1年生の時の4年生が考えてくれたもの。提案したのは、かつての女サカブロガー白見はる菜さん。(本人曰く)

さすがのセンスとしか言えないですね!


このコートネーム、すごく気に入ってます!


今では部活の中で私の名前を本名で呼ぶ人はいません。なんなら他の部活の人も何人かは"オズ"って呼んでくれます。
たまーに、まるさん(#24)とこのみさん(#10)がふざけて"愛ちゃん"って呼びますが。





続きまして、オズワルドのエピソードについて。

1年生の秋くらいのとき、なぜか分からないですけど、スタッフの野間田さんが
「オズワールド」
と呼ぶようになりました。

ん?オズの世界?

「オズワールドって何やねん」


気になって仕方なかったので、ググりました。
便利な時代です。


すると、、予期せぬことに、
「オズワルド」
がいっぱい出てきました。






「オズワルド」知ってますか?
ディズニーのキャラクターです!!
オズワルドについてもっと知りたい方は、ぜひググって下さい!
色んなエピソードがありますよ。


野間田さんが果たして
「オズワールド」
と言っていたのか、
「オズワルド」
と言っていたのか未だに分かりません。

がしかし!
なぜかディズニーキャラクター「オズワルド」に愛着が湧きました!!(単純かよ)

野間田さんありがとうございます!


LINEのアイコンは、オズワルドにしてるし、スタンプもわざわざコイン貯めて取りました!
そんなこと全然するタイプじゃなかったのに私。




ある日、母と買い物に行った時のこと。


母「ねぇ、あれ、愛のLINEのやつじゃない?」

そこにはオズワルドのTシャツが。

私「わー!ほんとだ!買う!」


その後すぐ試着して買ってもらいました。
お母さん、ありがとう。




というね。私が「オズ」及び「オズワルド」に愛着が湧いたエピソードでした。


最後に私が好きな、オズワルドのスタンプシリーズです。








#3 井上愛
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:29Comments(0)部員日記2017

2017年06月06日

迷探偵その

こんにちは。
5月の更新を忘れてました、ゆみこ(#17その)です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

何を書こうかとずっと悩んでたのですが、そういえば映画を見に行ったので、それについて書こうと思います。

私は名探偵コナンに中学生の時からはまっていて、テスト期間中に1話から最新話まで見たことがありました。(テスト期間中は部活がなく、親も家にいないので見放題、笑)
それから、毎年コナンの映画を見に行くようにしています。
今年のコナンはなんと、服部平次が出るということで、絶対見に行かなくてはと思い、友達を誘って見に行きました。
私は服部平次がコナンのキャラの中でベスト3に入るくらい好きです。理由としては肌の色が黒いからです(肌がいい感じに焼けてる人が好き笑)。服部平次と同じ市に住んでいるのも自慢です。


ところで、さておき、肝心の映画の内容ですが、あまり覚えていません。というより、内容が入ってきませんでした。私は基本一人映画をするのですが、友達を誘ったのでちょっと自分の世界に入りきれませんでした笑。チアダンを見た時は、見知らぬおじ様の横で号泣したのに、横が友達だとダメだったみたいです。なので、今度からは横に友達がいても自分の世界に入れるようにトレーニングしたいと思います。

2017/6/6
その  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 09:13Comments(0)部員日記2017

2017年06月03日

(  ⚫︎ー⚫︎  )

みなさんこんにちは。
4月にブログ係のぐりにテーマを与えられたものの何を書いていいかわからず書かずにいたら、再び6月に割り当てられてしまいました、#7 はるか(まよ)

です。(誰がベイマックスじゃ。)
書く気がなかった訳ではありません。書く内容がなかったのです。

今回のテーマは……

『私の得意なもの』

得意な“もの”ではなく、好きなこと・得意な“こと”になりますが、私は人を待ったり誰かの為に動くことが得意なのかな、と最近気付きました。

前所属チームでは、ある選手の専属ドライバーかのように食事会の時などお酒を飲むような席にはほぼ必ず送迎させて頂いてました。というのも、頼まれるからではありません。私から迎えに行こうか?と言ってしまうのです。ちなみに、ある選手とはこの人です。知ってる人も多いのではないでしょうか。私のことをとにかくいじり倒し私のことをベイと呼び続けるお兄さん(お爺さんと書いたらやり直しを命じてきた吉良さん)。


女サカでは、#14 むしゃと#35 あかり の2人を乗せて出掛けることが多いです。スパイクを買いに行こうとしている時など、だいたい 乗せていこうか?と言ってしまいます。なんの利益もない…暇なわけでもない…。
いつだか忘れましたが、むしゃに迎えを頼まれたことがあったのですが、時間を伝えられてないのに携帯の充電が切れたらしく、何時に迎えに行っていいかわからなかったので、1時間以上車で待機したこともありました。アホですね。
……。
話の終わりが見えなくなってきたのでこの辺でやめておきます。(既に無駄に長いですすみません。)

明日は関東リーグ前期最終節です。
vs神奈川大学 13時キックオフ @1G
お時間のある方、ぜひ1Gにて応援よろしくお願いします!!

読んでくれた方、ありがとうございました。

#7 はるか  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 21:38Comments(0)部員日記2017

2017年05月31日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
体育専門学群1年の濵美笛(みふえ)です。
コートネームは、"きゅう"で、偶然にも背番号(9)と同じです。ぜひ覚えてください。

出身地は、兵庫県の神戸市です。
なので、ばりばりの関西弁です。
入部してから、何人かの先輩方に、
「神戸だからもっと上品な子かと思った」と言われたのですが、すいません、違います。
よく、うるさいと言われます。
神戸人のイメージとはほど遠いですが、
神戸にもいろんな人がいるので。(笑)

私は高3の時に一度、筑波を受験しましたが、落ちてしまい、浪人しました。
浪人時代は、体育進学センターという所でお世話になり、1年間の努力の末、筑波大学に合格することができました。
今は、2年間追い続けてきた筑波大学で勉強やサッカーをしていることに毎日喜びを感じる反面、1日が過ぎるのが早く、もう入学してから2ヶ月経ったのか、と少し驚いています。なので、1日1日を大切に、初めのこの気持ちを忘れず4年間がんばりたいです。

これからよろしくお願いします。

#9 濵 美笛(きゅう)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:30Comments(0)部員日記2017

2017年05月31日

自己紹介

はじめまして!生命環境学群生物資源学類1年の野島優希子です。コートネームは「あす」です。

私は神奈川県横浜市の出身です。
まほ(#2)、えな(#30)が既に横浜の紹介をしていますが、横浜の中でもまた違った地域なので私も地元の話をしようと思います。
私の住んでいたあたりは住宅街で、周りは家ばっかりでした。最寄り駅には遊ぶ場所はありません。そこだけ切り取ってみるとあまり横浜っぽくないような気もしますが、横浜駅にはまあまあ近いので便利な場所ではあります。
そして、地元のいいところは、サッカー競技場が近くにあることです!本当にサッカーが見やすいです。Jリーグや高校サッカーなどたくさんの試合があります。私はそこでサッカーを見るのが大好きです。
地元は落ち着いているしサッカー好きにはもってこいの環境だし私は素敵だと思っています。

私は小4からサッカーを始めて、地元の少年団や女子のクラブチームでプレーして来ました。部活でサッカーをするのは初めてなので、つくばに来てからは毎日がとても新鮮です。色々なことをここで学んで吸収していきたいです。そして、自分の課題を一つずつ克服していき、チームに貢献できる選手になれるよう努力します。さらにこの良い環境でサッカーができることに感謝し、協力してくれるたくさんの人に感謝し、時間を有効に使って、日々全力で過ごしていきたいと思います。

これから4年間、よろしくお願いします!

#21 野島優希子


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:29Comments(0)部員日記2017

2017年05月30日

自己紹介

初めまして。
医学群看護学類1年の向山 麗(むかいやま うらら)です。
コートネームはリオです。リオの方が呼びやすいと言われますが、全然呼ばれません。

出身は富山県です。
自然が多いと個人的には思います。富山と言えばコレというのはないですが、チューリップは有名です。毎年、砺波市でチューリップフェアが行われ、300万本ものチューリップが見られます。4月下旬から5月上旬にかけて行われているので気になる方はぜひ行ってみてください。

私は小学校、中学校とサッカーをしていましたが、高校ではサッカーはおろかスポーツもあまりやっていませんでした。大学に入って、何か打ち込めることがしたいという気持ちとサッカーから離れたくないという気持ちから女子サッカー部に入部することを決めました。最初は体力がなくツラいこともありましたが、最近は先輩方や同じ1年生にいろいろ教えてもらい毎日充実しています。

基礎もままならないですが、1つ1つの練習を大切にしてできることを増やしていきたいです。

これからよろしくお願いします。

♯27向山麗(リオ)






  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 08:46Comments(0)部員日記2017

2017年05月29日

オズの勧め

どうも。月1でブログ書くねって言ったので書きます、オズ(#3)です。
体育専門学群です。



今回は、タイトルの通りオズの勧めについてです!



先日、人生2回目のライブに行って来ました。ちなみに1回目は嵐です。
激アツ。興奮。歓喜。
ずーっと叫んでいました!




え、誰のライブなのかって??



(♪ ブルゾンちえみのネタのBGM)




『PENTATONIX』





みなさん、知っていますか!?
かの有名なPENTATONIXですよ!!

アメリカの5人組のア・カペラグループです。

スコットはイケメンだし、ミッチは歌上手すぎだし、カースティンは可愛すぎだし、アヴィはイケボだし、ケヴィンのボイパ天才だし、、

生で聞けるなんて思ってなかったのでほんっと最高でした!

ん〜〜〜
有り余るこの感情をめちゃくちゃ共有したいっ!!



(公式Twitterより)

この写真の右奥くらいに私います。

わかりますか!この写真に自分が写ってるって考えたらめちゃくちゃワクワクしますよね!!
余韻浸りまくりです。。




さて、ここでPENTATONIXのオススメの曲・PVを紹介します。


一番有名なのは「Daft Punk」ですね。
あと私が好きなのは、

「Problem」
「I Need Your Love」
「Rather Be」
「Sing」

って感じです。
みなさん、今すぐ動画サイトでチェック。

見てくれれば分かると思いますが、これ楽器を一切使っていなくて、ぜーんぶ人の声なんです!本当にすごいー!!



オズの勧めはこの辺にしますね!



ブリッジで出会った友達とパシャり。



あ、ライブには一人で行きました。

以上です。


#3 井上愛


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 10:28Comments(0)部員日記2017

2017年05月28日

自己紹介

はじめまして。
医学群医療科学類の中田貴子です。コートネームはメイです。メイというコートネームとても気に入っていますが、ほぼ呼ばれてないのでメイで反応できるかは怪しいです。

出身は富山県です。富山から筑波大学に来るのは一学年10人いるかいないかくらいだと思いますが、女サカの同期のうらら(#27)も富山出身という奇跡的な富山かぶりで嬉しい限りです。
大学来て富山何あるの?とたくさん聞かれますが何も答えられません。特に何もないです。最近は世界一綺麗なスタバという正直ただ普通のスタバを紹介するようにしてます。そんな富山ですが食べ物はおいしいし、私はなんだかんだ好きです。笑

私は高校に入学したときからずっと筑波大学でサッカーをしたいと思っていました。その念願が叶い、今、筑波の一員としてサッカーができていることがとても嬉しいです。常に感謝の気持ちを忘れず、コーチ、先輩方から多くを学び、成長していきたいです。また試合ではチームのために走れる、戦える選手でいたいと思います。
4年間よろしくお願いします。

#22 中田貴子(メイ)


  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 19:41Comments(0)部員日記2017

2017年05月28日

自己紹介

はじめまして!
生命環境学群生物資源学類1年の黒田江菜です。
コートネームは「はな」です。まだあまり呼ばれていませんが、個人的には気に入っているので、呼ばれるのを楽しみにしています。

出身は神奈川県の横浜です。
想像の通り、結構都会なのであまり生活面では不便を感じたことはないです。横浜の中では、わたしの地元は某有名大学のキャンパスがあり、いつも学生で賑わっています。最寄り駅前にはおいしいお店(ほとんどラーメン屋)が立ち並んでいます。都心へのアクセスもよく住みやすくていいところです。

わたしは小学校まで水泳、中学で陸上、高校でハンドボールをやっていましたが、サッカーはやったことがなく、初心者として入部しました。
なぜ女子サッカー部に?と思うかもしれませんが、わたしはスポーツの中でもサッカーは好きで、筑波大の女子サッカー部にもともと興味はありました。でも、入部する前はこんなレベルの高い中で初心者のわたしが入れるのかという不安もありました。そんななか、体験練習に参加して、すごく楽しくて、ここでサッカーをやりたいと強く思いました。
初心者という不安はまだなくなっていませんが、女子サッカー部の一員になった以上、いろんな人に支えてもらっているという意識と感謝の気持ちを忘れずに全力で頑張ります。

今年の目標は基本をしっかり積みあげて、試合に器用してもらえるくらいうまくなることです。そのため今は体力、筋力づくり、スキルアップを頑張り、レベルの高い中でいろんなことを吸収していきたいです。

これからよろしくお願いします。

#30 黒田江菜
  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 16:03Comments(0)部員日記2017

2017年05月21日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
体育専門学群1年の山縣萌です。
入学してからも何度か間違えられましたが、ヤマガケでもモエでもなく、ヤマガタメグムと読みます。
コートネームはニコという名前をもらいましたが、今のところメグで定着しています。

私の出身地は山口県です。
山口とか何もないやん!とよく言われます。そんなことは私が1番よくわかっているので追い討ちをかけないでほしいです。
強いて名所を挙げるなら、角島大橋、錦帯橋、秋吉台などでしょうか。いずれも少し地味ですが綺麗な場所です。
また山口県といえば、月曜日に夜更かしをする方は知っているかと思いますが、県民ブス説など噂されているようです。
とはいえかわいい子はいますし、多少田舎ですが住み良いところです。


私は小学校からサッカーをしていますが、女子サッカー部でサッカーをしたことは一度もありません。なので、全員が高い意識を持ってサッカーに取り組む女子サッカー部での練習は本当に新鮮で、刺激を受ける毎日です。加えてわたしは去年体育専門学群を受験して合格できず、1年浪人して入学したので、このチームでサッカーができることによりいっそう喜びを感じています。
当面の目標は、チームにフィットして自分の力を発揮、さらにレベルアップして、様々な場面でチームに貢献できるような選手になることです。

このような環境で生活できることに感謝し、やりたいこと、やるべきことをしっかりとこなして、充実した大学生活にしたいと思います。

これからよろしくお願いします。

♯19 山縣 萌(ニコ)



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 10:14Comments(0)部員日記2017

2017年05月20日

自己紹介

こんにちは、はじめまして!
体育専門学群1年の小平真帆です。
コートネームはりんです。

私の出身は神奈川県横浜市です。
横浜市といえば、『逃げ恥』や『ラストコップ』など多くのドラマや映画の舞台となっていておしゃれな街というイメージを持っている方が多いと思います。
実際、本当におしゃれです。
ですが、私が住んでいた場所は、横浜市といっても多くの方が想像する横浜市とは違い都会とも田舎ともいえない何とも言えない街です。なので横浜市民ではありますが、みなとみらいに遊びに行くと観光客のようにテンションが上がり、たくさん写真を撮ります。最寄駅付近には一応百貨店やスタバがありますが、少し歩けば果樹園や畑もあります。そんな何ともいえない街とはいえ、横浜駅まで電車で8分、鎌倉まで15分、東京までも40分と、交通の便が良くとても住みやすい場所だと思いますし、富士山がきれいに見えるところも多くあり私は地元が大好きです。

私は小学2年生の時にサッカーを始め、中学では女子のクラブチームで、高校は東京の高校の女子サッカー部でプレーをしてきました。現役のときも筑波を受けましたが不合格で、でもどうしても筑波大学でサッカーがしたくて、浪人をして筑波大学に入りました。なので筑波大学の女子サッカー部の選手としてプレーしていることにこの上ない喜びを感じています。

今は先輩方のレベルの高さに付いていくことだけで精一杯ですが、家族やスタッフの皆さん、先輩方、同期、関わってくださる全ての方々と、サッカーができる環境に感謝を忘れず、チームの勝利に貢献できチームに必要とされる選手になれるように、サッカーはもちろん、色々な面で成長できるよう一日一日を大切にして日々精進していきたいと思います。
これから4年間よろしくお願いします。

#2 小平真帆(りん)

みんなの思い浮かべる横浜



地元



  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 15:06Comments(0)部員日記2017

2017年05月19日

ブログテーマについて

こんにちは。毎度おなじみブログ係のぐり(#29)です。

この女サカのブログ、基本的には各月の前半と後半で二人くらいずつ、それぞれにテーマをあてて書いてもらっています。今月だと前半の担当はコロさん(#11)とこのみさん(#10)でした。二人とも「夢」という題名で書いてくれてますね。
コロさん
2017/05/13

このみさん
2017/05/15



そう、それが私の割り当てたテーマ…、ではありません。


一応テーマは「母の日」でした。

もちろんテーマは強制ではなく、「テーマないと何書いていいかわかりませーん」という部員のために、係が参考程度に提供しているものです。
だから二人にはなんの問題もありません。むしろ面白かったからありがたい。ありがたいんですけれども。

なんだろう。
コロさん(#11)は眠っている間にみる「夢」について、このみさん(#10)は将来をイメージする「夢」について、それぞれ自身の経験を踏まえて語ってくれました。二人とも自由奔放に書いた結果、同じ題名で違う世界観が広がったのがすごい。

「テーマを母の日にしたら、自分の家族の話とか、小さい頃にお母さんに送ったかわいいプレゼントとかエピソードとか、いい話がでてくるんじゃないかな~」という、浅い考えが打ち砕かれました。
勝手に謎の敗北感を味わいました。夢が夢に破れたというか。

何が言いたいのかわかりませんがとりあえず二人のブログ、読んでみてください。
既に読んでくれたひと、ありがとうございます。面白かったでしょ?

五月後半は新入生の自己紹介がしばらく続きますのでご期待ください。

では!

#29 保田真帆

P.S.内容と無関係ですが、尾瀬合宿にてグラウンドに向かう際、道なき道を進んだ部員たちを載せておきます。

  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 17:03Comments(0)部員日記2017

2017年05月18日

自己紹介

こんにちは、はじめまして。
社会国際学群社会学類3年 鈴木朝恵(ともえ)です。
コートネームは「でん」ですが、全く浸透していないため反応できる自信はありません。


昨年の三年次編入試験を経て、この春から筑波大生となったピカピカの新入生です。

現在は、英語と経済学を中心に法学・政治学・社会学などを学んでいます。
しかし高校では物理化学選択の理系でしたし、昨年度までは体育系学部に在籍していました。我ながらなにがしたいのかよくわかりませんが、最終的にはなるようになるんじゃないかなーと思っています。


出身地は、愛知県西尾市です。
田畑はもちろん、山も川も海も島もあり、自然豊かでとってもとっても素敵なところです。

特産品はたくさんありますが、やはり一押しはお抹茶です。生産量は宇治抹茶にだって負けません。
市内の全中学校で学校行事としてお茶摘みもします。二日間茶畑にこもり、無言でひたすら茶葉を摘むだけの行事なんですが、案外楽しいです。
このように市をあげて推している「西尾の抹茶」ですので、ぜひ今日を機にご贔屓ください。


サッカーに関しては、小中高と名古屋FCレディースというクラブチームでお世話になっていました。
また私の地元は名古屋市から離れていたため、並行して中高ともに学校の男子サッカー部にも所属し、一緒に練習させてもらっていました。

しかしここ何年かはしっかりとはサッカーをしていなかったので、まだまだブランクがあります。
恵まれた環境のもとで、女サカのみんなとボールを蹴れるできることの幸せを噛み締めつつ、少しでもチームの力となれるよう精進していきます。

いろんなことにチャレンジして、楽しんで、充実した二年間を過ごしていきたいと思います。

これから宜しくお願い致します。


#20 鈴木朝恵 (でん)





  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 12:01Comments(0)部員日記2017

2017年05月15日

体育専門学群4年の内田好美です。

突然ですが、皆さんには将来の夢はありますか?夢のかたちって人それぞれですよね。私は年々変化しています。

保育園のとき。

夢は空を飛ぶことでした。
鳥みたいに大空を自由に飛び回るのにあこがれていました。将来の夢を言う発表会でみんなが、やれケーキ屋になりたいだの野球選手になりたいだの言っている中「おおきくなったらおそらをとびたいです!!!」と言いました。いつか人は空を飛べると信じています。

小学1年生のとき。
七夕の短冊に「ぴあにすとになれますように」と書きました。ピアノ教室にも通い熱心に練習しました。

でも、発表会のとき華やかなドレスを着るのがどうしてもいやで、私のピアノへの思いは年々薄れていきました。発表会がジャージ可なら今頃ピアニスト内田になっていたと思います。

ちなみに小学校の卒業文集には、将来の夢は「人とあんまり話さない、集中して出来る仕事につくこと」と書きました。かわいげがないですね。人と話すのが苦手でした。サッカーの練習でも、パスが欲しいとき「ヘイ!」すら言えず、ペアがいないとき「コーチ2人組あまりました」なんて言えず、いつも隅っこでモジモジしてるような子だったので仕方がないです。

中学生のとき。
両親が教師なので、将来は教師になるかぁ、と何となく思っていました。

高校に入ると、夢の代わりに目標が出来ました。筑波大学に行くこと。そのために必死で勉強していました。

体専は冷静に厳しい。運動能力的に。そう考え選択肢は人文か教育の二択でした。今思うとそこで人文か教育なら筑波に行けると思った自分が逆に素晴らしい。何を根拠にそう思ったのか昔の自分に聞いてみたいです。

そして大学4年になった今の私の夢は、

人の心を動かすプレーが出来るサッカー選手になることです。

あと、将来はクラブマネジメントに関わって地域密着の強いチームを作るのも、私の夢です。

夢を叶えられるよう、日々がんばろうと思います!



このみ  
Posted by 筑波大学女子サッカー部 at 13:01Comments(2)部員日記2017